wraplus MacBook Pro 13インチ スキンシール パーシモンをレビュー。軽く傷を防ぐ。

スポンサーリンク

これでおしゃれマカーに!

こんにちは!スタバでMac開いてドヤ顔したいタイプの人間、とともねです。(嘘です)

ガジェットブロガー御用達の「wraplus」のスキンシールを購入したのでレビューしていきたいと思います。はじめにざっくりとまとめると、

  • 貼るの難しスギィ!
  • 意外とガバい
  • 質は良い
  • 3000円の価値をどこに求めるか

という感じのレビューになります。

スポンサーリンク

wraplusはgori.me氏愛用のスキンシール

多分この記事を読んでいるあなたは、gori.me氏の記事を読んだ後なのでは?

「wraplus」はガジェットブログで有名なgori.me氏が使っているスキンシールです。記憶が確かならmonogrpahの堀口氏も使っています。それだけ、界隈でも人気があるということです。

スキンシールを貼るメリットは

  • 重くならない
  • 傷・汚れがつきにくい
  • 個性が出せる

だと思います。僕は以前、シェルケースを使っていましたが、重いのが気になって手放してしまいました。それからは裸で使っていたのですが、傷がつくのが嫌でスキンシールを購入した次第です。wraplusの場合はパームレストも付いているので、手の汚れが気になる人にもおすすめです。

ラップトップが軽いまま傷を防げるのが購入の動機です。

MacBook Proは正直、人と被りやすいです。だからこそシールを貼ったり、スキンシールを貼ったりして差別化するのです。いわばファッションですね。

実際に貼ってみた感想

内容物はこんな感じでした。アルコールクリーナーとマイクロファイバーも入ってるのでこちらで用意するのはドライヤーだけです。

貼るの難し過ぎです……。

僕は器用というわけではありませんが、それにしても難しい。何回も修正し直してやっと貼れたかと思ったら、少し気泡が入ってしまいました。かなしい。

それと、イヤホン端子の部分が結構スキマが空いてしまっています。貼り方は間違えてないはずなのですが、仕様でしょうか。他のブログではとても精密だと言われていただけに、残念なポイントです。

それと、木目系だとシールの継ぎ目が気になっちゃいますね。こういうところ↓

質は良い

シールが3000円もするだけあって、商品の質は良いです。

  • サラサラで気持ちいい触り心地
  • きれいな印刷
  • 3M社製のシール
  • 日本製

スキンシールとして最高級の品質だと言えるでしょう。

3000円の価値をどこに求めるか

結局のところ、これはシールです。

これを貼ったからといって、機能が向上したりするわけではありません。そこに3000円出せる価値があるかという話になってきます。貧乏学生の僕には高い買い物だった……。

僕は自分のMacBook Proが大好きなので買って後悔していませんが、買う人を選ぶと思います。

結論:万人にはオススメしないが、刺さる人には刺さる

価値は人によって違いますから、スキンシールに3000円払える人も払えない人もいると思います。購入検討している人は、今一度自分の胸に問いかけてみてください。

  • 重くなるのは嫌だけど傷がつくのは嫌だという人
  • 他の人のMacと差別化したい人
  • スタバでMacを開く人が増えてドヤ顔できなくなってきたので、スキンシールを貼ってそのMacユーザーにもドヤ顔したい人

こういう人におすすめです。僕は1つ目のタイプでした。シェルケース使ってみて違和感あったらぜひスキンシールを使ってみてください。剥がすのも簡単らしいので。

地味に、パームレストが汚れなくなるのがいいです。買ってよかったと思います。

コメント