コミュ障のための小規模コミュニティーを作りたい!という僕の夢を見てくれ。

スポンサーリンク

「あなたは今幸せですか?」

こう言うと宗教の勧誘みたいで聞こえは悪いけど、実際に考えてみて欲しい。あなたは今幸せですか?

僕はあんまり幸せじゃないと感じていました。なんとなく満たされないというか、毎日が楽しい!ってはっきりとは言い切れない感じ。

僕は今大学生です。私立の理系に両親のお金で通わせてもらっていて、いわゆるMARCHの大学に通っているので社会的地位もどん底というわけでもないと思います。(最近はSMARTというらしいけど)

五体満足に生まれ、病気もあまりせず、健康な体で育ちました。

恵まれていると思います。それで、幸せじゃないなんて言ったら怒る人もたくさんいるでしょう。でもなんだか満たされない毎日を過ごしていました。

ところで、Showroomの前田裕二さんが新しく出版した本「メモの魔力」が発売されました。その本を読んで、このなんとなく満たされない感じはなんなのか、わかったような気がしたので記事にします。なお、この記事では「メモの魔力」について触れません。この本を読むと思考を深く掘り下げることができるようになるとだけ言っておきます。

スポンサーリンク

マズローの欲求5段階説

義務教育の倫理か何かで習う「マズローの欲求5段階説」は知っていると思います。

マズローの欲求5段階説をこの上なく丁寧に解説する。あなたの欲求はどのレベル?より引用)

上の図のように5段階に分かれています。欲求が満たされれば幸せを感じると考えられます。

現代の日本では、「生理的欲求」「安全の欲求」は非常に高いレベルで満たされています。僕もこれら2つには困っていません。日本では文化的で最低限度の生活が保障されています。衣食住には困りません。

ならば満たされないのはなぜか。次の欲求「所属と愛の欲求」が満たされていないからだと自明にわかります。

確かに僕は、内向的で人見知りでコミュ障です。大学にあまり友達もいないし、高校でも少数で固まってるタイプでした。成人式の同窓会は居心地悪かった……。

現代日本では地域での関わり、つまりお隣さんなどの関係が希薄になっていると聞きます。やはり「所属と愛の欲求が満たされない」僕のような人がたくさんいるのではないかと考えました。

SNSですらはっきするコミュ障

「SNSで趣味の近い人と繋がりやすくなってるから所属と愛の欲求は満たされやすくなってるんじゃないの?」という意見があると思います。実際に満たされやすくなっているとは思います。

ただ、SNSですらコミュ障発揮するやつはいるんです。つまり僕のことですが。

SNSのネット上の関係ですら、「これ言ったら失礼じゃないかな」とか色々考えすぎて話せなくなっちゃう人もいるんです。僕のことですが。

そして結果的にSNSでもぼっちになるという悲しい運命。

そんな僕みたいな人はどこかにいるはず!と思い立ったわけです。

コミュ障のための小さなコミュニティーを作りたい

コミュ障だけど友達ができるサービスを作りたいと思っています。

コミュ障で人見知りで内向的だけど友達が欲しい!仲間が欲しい!って思っている人はいると思うんです。僕みたいなの。

なので、そういう人たち向けのチャットみたいなものをいつか作れればいいなと思っています。

具体的に考えているのは、

  • 少人数(1コミュニティー、2〜6人まで)なので話しやすい。
  • 少人数ゆえにニッチなコミュニティー
  • みんなコミュ障なのでお互いに配慮できるやさしい世界
  • オンラインもくもく会

みたいなサービスを作れたらいいなと思います。技術はこれから学ぶので、何ができて何ができないかはわかりませんが、頑張ります。

結論:誰だってコミュニティーに属したい

正直に言って、僕自身のためのサービスです笑 これが完成すれば、友達ができるんじゃないかっていう。

でもきっと僕と同じように悩んでいる人もいると思うので、そんな人のためにも作り上げたいです。

この記事はただの所信表明なので、開発すら始めていないしプログラミングすらできないです。でも、僕の大きな夢としてブログに書いておこうと思います。言ったら夢は叶うらしいですよ?

応援してくれる人がいたら嬉しいです。

未分類
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
がくログ

コメント