モンベル トレールワレット レビュー。小さく薄いミニマルな財布!

スポンサーリンク

こんにちは、ミニマリストを志すとともねです。

ミニマリストを志すなら、財布もコンパクトにしたくなるもの。僕も今まで長財布を使っていましたが、小さいものに新調したいと思っていました。

そして、見つけました。アウトドアブランドmont-bell(モンベル)トレールワレットです。

一週間ほど使ってみて、アウトドアの時以外、つまり普段使いとして十分に使えると感じました。

スポンサーリンク

トレールワレットとは

軽量・コンパクトながら優れた収納力と耐久性を持つ三つ折りワレットです。紙幣と硬貨、カードを機能的に収納でき、少しでも荷物をコンパクトにしたいアウトドアアクティビティの際に最適です。

モンベル公式オンラインストアより

トレールワレットのトレールとは、トレイルランニングというアクティビティから由来しています。

トレイルランニングは山道を走る競技で、できるだけ荷物を軽くする必要があります。そのために、軽さを追求したものがトレールシリーズだと思われます。なので極限まで軽く、薄く、小さく作られています。

ちなみに僕はブラック(BK)を購入しました!

使ってみて感じた、トレールワレットの良いところを紹介します。

低価格

財布って高いブランドのものから、安いものまでありますよね。

ミニマリストの財布として人気のものはアブサラスベルロイなど高価なものばかり。1万円以上するものは、学生の僕にとって少しハードルが高いです。

しかし、トレールワレットは1,800円+taxで、1,944円と非常に安価です!

ポケットに収まる薄さ、小ささ

財布をいちいちバッグから取り出すのは手間ですよね。僕はそれが嫌で長財布をやめたいと思っていました。

トレールワレットは薄く小さいので、ポケットに収まります。むしろコンパクト過ぎて存在を忘れそうです笑

ミニマリスト向けの財布って薄さ何ミリとかいろいろ競い合っていますが、数ミリの差で使い心地が変わるとも思えません。ポケットに入りさえすればよいのではないでしょうか。

僕はトレールワレットにPASMOを入れて使っています。ポケットからすぐ出せるので、パスケース要らずでとても便利ですよ!

丈夫なバリスティックウルトラナイロン

トレールワレットに使われている素材は、バリスティックウルトラナイロンといいます。

さまざまな素材開発で培ってきた独自のテクノロジーにより、一般的なナイロン素材に比べ約3.6倍の引き裂き強度を達成した高強度素材です。また、中空構造の高強度糸を織り交ぜることで、強度を損なわずに約20%の軽量化を実現。耐久性と軽量性を求められる製品に最適な素材です。

モンベル公式オンラインストアより

この素材モンベルが独自に開発した素材で、高い強度と軽さを誇ります。軽くて薄いのに、丈夫な素材なんです。

また、革製品は水に弱いですが、こちらはナイロン素材なので水に強いです。僕は自転車に乗るので、汗で濡れても平気なのはとっても助かります。

小銭入れの容量があって使いやすい

こういうミニマリスト向けの薄い財布は、小銭入れが使いにくいことが多いです。(もしくは付いていない。)お前らキャッシュレス派だからいらないでしょ?みたいな。

ただ実際は、小銭なしで生きていくのは厳しい。カード払いに対応していない飲食店だってありますし、割り勘することもありますよね。

トレールワレットの小銭入れ部分は小さいながらも、マチが作られていて見やすくなっています。そして、かなりの容量もあります。

見た目は不格好になりますが、硬貨が15枚以上入ります。

また、ジッパーのスライダーを下に倒しておくとロックが掛かり、勝手に開かないようになっています。小銭がいつのまにかこぼれていた、ということはありません。

カードもたくさん入る

カードポケットは3箇所あります。

僕は2枚、1枚、2枚と合計5枚のカードを入れています。(キャッシュカード、クレジットカード、PASMO、学生証、保険証)

が、頑張ればもっと入ります。各ポケットに3枚ずつは入るので、9枚は確実に入ります。

マジックテープなし

こういうアウトドア系の財布は、マジックテープがついていることが多いですよね。マジックテープは開く際に「ベリベリ」と大きな音がなってしまうのが、非常に恥ずかしい‥‥。

トレールワレットはマジックテープなしで、通常の2つ折り財布のように折りたたむだけの構造です。

結論:ミニマルでアウトドアな二刀流財布

モンベル トレールワレットはこんな人にオススメです。

  • ミニマリスト
  • アウトドア派
  • キャッシュレス派だけど、小銭も使う人
  • 財布にお金を掛けすぎたくない人

僕はこれからもモンベル トレールワレットを愛用していこうと思います!