大学生がアルバイトをせずにお金を稼ぐ3つの方法

スポンサーリンク

不労所得も働き方改革もあるんだよ

こんにちは!アルバイトをしたくない大学生のとともねです。

アルバイトだけで一生に一度の大学生活を終わらせたくないですよね。
興味のあることに時間を使ったり、イベントに参加したり、大学生でしかできないことをやるべきだと思います。

しかし、何をするにもお金はかかりますから、アルバイトを辞められない。

そこで僕は、普通のアルバイト(居酒屋などの接客業。時給制)から解放された新しい働き方を始めてみようと思います。

「バイトやめてえ」「毎日が退屈だ」って人の参考にれば嬉しいです。

スポンサーリンク

ブログでお金を稼ぐ


ブログで月に数万円を稼ぐことは可能です。
なんだったら数十万、数百万稼いでる人だっています。

ブログでお金を稼ぐメリットは3つ。

  • 長文を書く能力が上がる
  • 情報感度が上がる
  • 不労所得を得られる

長文を書く能力は社会に出てからも必要とされますし、情報感度が高いと様々な恩恵を得られます。
不労所得があると生活に余裕が生まれます。

ブログを始めると、今まで見えていた世界が一気に広がります。
「あなたにもブログを始めて欲しい」と僕は思います。

Uber Eatsでお金を稼ぐ


Uber Eatsを知っていますか?
マクドナルドやケンタッキーなどの食事を配達してくれるサービスです。

僕はその食事を自転車で宅配する仕事をしています。

Uber Eatsが普通のバイトと違うところが3つあります。

  • 労働時間が自由
  • 週払い
  • 出来高制

Uber Eatsは労働時間を自由に決めることができます。
アプリで仕事開始、アプリで仕事終了。
いつ始めてもいいし、いつ終えてもいいんです。

「めっちゃ行きたいけど、今日バイトなんだよね」
「明日は朝のシフトだから徹夜無理……。」

あなたにも1度はあるでしょう。
Uber Eatsなら自由に働けるので、予定を邪魔することがないんです。

Uber Eatsは週払いで給料が支払われます。
月に一度の支払いよりも便利ですよね。

Uber Eatsは出来高制で給料が支払われます。
配達した距離やエリア、天候などによって給料が変化します。
出来高制ならやる気も出ますし、時給換算すると2000円に届く人もいるらしいです。

詳しいことは下の記事に書いています。

Uber Eats 配達員という働き方。好きなときに、好きなことを。

治験で稼ぐ

治験はほぼ労働なしで高額な給料を得ることができる最強の方法です。

「治験は危険なのでは?」と思っているかもしれませんが、日本で行われているものならば僕は安心だと思います。

高額なお金を得られるだけでなく、自由に使える時間も得ることができます。
その時間に、ブログを書いたり、勉強をしたりすることができます。
お金をもらえて、勉強もできる、一石二鳥だと思います。

そして、治験は正確には給与でなく謝礼なので、103万円の扶養枠に影響を及ぼすこともありません。

大学の長期休みに行けば、授業を休む必要もありません。

おわりに

「大学生はアルバイトするべき」

そんな固定概念に囚われていませんか?

デジタル社会にはたくさんのお金の稼ぎ方がありますから、無理してアルバイトをする必要はありません。

ぜひあなたも新しいお金の稼ぎ方に挑戦してみませんか?

未分類
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
かろめも