WindowsからiPhoneにデータを送るたったひとつの冴えたやり方

スポンサーリンク

こんにちは!とともねです。

スマホはiPhoneだけどパソコンはWindowsって人、多いと思います。

そうすると困るのがデータのやりとりです。
iPhoneはライトニングケーブルを用いてパソコンにつないでも、写真くらいしかやりとりできません。

そこで便利なのがクラウドでやり取りをする方法です。Googledriveを使って簡単にデータのやり取りを行う事ができます。

しかし、僕は先日問題に直面しました。

「大容量データをパソコンからiPhoneに送りたいのに、クラウドだと時間がかかりすぎてエラーになってしまう」

その方法を解決するのがWebサービス「sendanywhere」です。

Send Anywhere
簡単で迅速な無制限のファイル転送サービス、センドエニウェア。
スポンサーリンク

sendanywhereとは

Sendanywhereはその名の通り「どこにでもファイルを送れる」Webサービスです。

ブラウザ上で動くのでWindows、Mac、iPhone、Androidなどクロスプラットフォームに利用できます。(iPhone、Androidはアプリのダウンロードが必要です。)

特徴は
* 会員登録不要
* 送信速度がめちゃ早い
ということ。

送信速度が速いのは、ファイルをクラウド上にアップしてから送るのではなく、直接ファイルを送っているのが理由らしい。

上の2点から言えるように、超手軽に利用できるWebサービスです。

この手軽さがクラウドストレージにはない最大のメリットなのです。

sendanywhereの使い方

使い方は非常に簡単です。

送信側
1. 送信したいファイルを選択する。
2. 番号が表示される。

受信側
1. 表示された番号を入力。
2. ファイルが送信されてくる。

以上で終わり。

非常に簡単でしょう?

結論:クロスプラットフォームでファイル送信ならこれで決まり!

sendanywhereは早いしお手軽に使えるので、2、3のファイル送信ならこれが一番楽だと思います。

友人に紹介してみたら、すごい便利だと喜んでくれました。

ぜひ使ってみてください!!

未分類
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
かろめも