科学と心|科学と自分の心のどちらを信じますか?

スポンサーリンク

こんにちは、統計学の範囲が広すぎて単位落としそうなトトモネです。やべーです。

あなたは科学というものをどれだけ信じていますか?私はつい最近まで絶対的な信用を置いていました。理系ですからね。科学を信じずに何を信じるのかって感じでした。

けど、最近は絶対的に盲信するのはよくないと考えが変わってきたので、詳しく綴っていきます。

関連記事:自己啓発|自己啓発書の呪いから解放されよう。

スポンサーリンク

そもそも本当に科学的根拠はあるのか。

関連記事にも書いたのだけれど、自己啓発書とかテレビとかの科学的根拠ってただの実験であることが多い。それでは科学的根拠とは言えない。因果関係の証明ができていないからだ。

例え話をしよう。ある集団を二つのグループに分け、単純計算を行ってもらい、解き終わるまでの時間を計測した。その後、片方のグループにはコーヒーを飲んでもらい、もう片方のグループには何も飲ませなかった。もう一度単純計算をしてもらうと、コーヒーを飲んだグループは解き終わるまでの時間が短くなった。

この実験から、コーヒーには集中力を上げる効果がある、と判断するのは果たして本当に正しいのだろうか。問題点を挙げる。

原因:コーヒーを飲むこと 結果:タイムが短縮された という因果関係を示すものがないのだ。片方のグループが何も飲まなかったからタイムが短縮されなかったのかもしれない。コーヒーではなく温かい飲み物自体にそのような効果があるかもしれない。

このように、ある実験の結果だけで判断するのは根拠を欠いたことだとわかるだろう。この段階では仮説を立てた段階に過ぎない。科学的根拠というものはそう簡単に示すことはできないんです。

コーヒーが体に良いのか悪いのかっていう問題はいつになったら決着つくんですか……。

心の影響は科学よりも強い

個人的な考えなのだけれど、「心のもちよう」って何よりも大事だと思う。今日は調子いいな!って思っていると、本当に調子よくて勉強に集中できる。具合が悪いなー、悪くならないかなーと思っていると本当に頭痛が出てきたりする。病気になっても心のもちよう次第で治るスピードが全然違うと思う。病は気からって言葉もあるくらいだし。

だから、科学的に正しいと言われていることを、心に反してやる必要はないと思う。自分の好きなようにするべきだと思う。カフェインは8時間効果が持続するから、就寝時刻の8時間前にしか飲んではいけないと本で読んだ。それは本当なのかもしれない。けど、飲みたくてイライラしてくるくらいなら飲んでしまったほうがよっぽどいい、と私は思う。(この場合はカフェイン中毒かもしれないけど笑)

おわりに

理系大学生なのに、科学を信じるなって感じの記事を書いてしまった。後悔はしていない。

あいまいな科学的根拠に生活を委ねてしまうのは何だか嫌じゃありませんか?もちろん、科学を信じるという選択もありです。ただ、科学的にそう言われているから、という理由で盲信していた私のようにはなってほしくない。自分の意思で、心で信用すると決めることが大切だと思っています。

おしまい

ライフ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
かろめも