ボディーグルーマーのオススメ、フィリップスBG1022/16の口コミです。

スポンサーリンク

一緒にすね毛処理デビューしようよ!

僕は悩んでいた。すね毛をどう処理するか、という問題だ。ロードバイクに乗る僕は、すね毛を剃るのも抵抗がなくなってきた。(最初は違和感バリバリだったけど)けど、いちいちすね毛を剃るのに1時間もかけているのは面倒だった。

だから、僕が購入したのが「フィリップス ボディーグルーマーBG1022/16」だ。

この記事では、フィリップス ボディーグルーマーのレビューを行う。

結論から言うと、「すね毛が気になっているが面倒そうと思っている人は買うべき」だと思う。すね毛を処理したことのない人、すね毛を処理したことはあるが面倒で続かなかった人、すね毛以外のムダ毛も処理したい人にもおすすめできる商品だ。

何より、フィリップスのBG1022/16は他の電動ボディーグルーマーと比べてコスパが抜群に高い。すね毛処理デビューに最適だと思う。BG1022/16を選ぶべき理由は3つだ。

スポンサーリンク

圧倒的コスパ

他の電動ボディーグルーマーは5000円前後、高いものなら1万円を超える。

しかし、BG1022/16は2000円を切るコスパの高さだ。もうこれ一択なんじゃないかっていうくらいの価格破壊だ。電動シェーバーなども5000円程度かかることから、コスパの高さがわかってもらえると思う。

「すね毛1回剃ってみたいなあ」と考える人は少ないくないと思うが、そんな人は5000円払えるだろうか。高級なボディーグルーマーにはそれぞれ付加価値があるとは思うが、まずはBG1022/16を購入して試してみてからが良いと思う。大部分の人がBG1022/16で満足できると思うけど。

信頼のブランド

フィリップスは大手家電メーカーで信頼できるブランドだ。シェーバーといえばフィリップスかブラウンのどちらかだろう。日本ではパナソニックなどの国産家電メーカーが強く、フィリップスはシェーバーのイメージが強いかもしれないが、実は幅広く家電を作っている。

それだけ、たくさんの人から信頼されたブランドということだ。肌に優しいと評判のシェーバーを作っている、フィリップスが作ったボディーグルーマーなので信頼ができると思う。

3mm、0.5mmの2つの長さ

BG1022/16は2種類の長さに整えることができる。

「完全に無毛なのはちょっと」って初めは思うことだろう。そういう時は3mmのコームを使って、少し毛を残すことができる。僕はすねは0.5mmで剃ったが、脇は3mmで剃っている。完全に剃ってしまうとチクチクすると聞いたからだ。

というわけで、2パターンの剃り方ができるのは非常に便利。上位機種になればより多くの剃り方ができると思うが、2パターンで困ったことはない。

まとめ

フィリップス BG1022/16はコスパに優れた電動ボディーグルーマーだ。

信頼できるブランド、十分な性能、抜群のコスパを兼ね備えた入門機だと言える。

初めてすね毛やムダ毛を処理する人なら十分に満足できると思うし、他の方法(脱毛クリームや普通のカミソリ)で処理していた人は、電動の手軽さに驚くことだろう。

執筆時点では1600円ほどで僕が購入した時より安いので、このチャンスににぜひ購入して試してみてほしい。

 

ガジェット
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
がくログ