FILCO Majestouch MINILA Air 茶軸 レビュー 考え抜かれたコンパクトメカニカルキーボード

スポンサーリンク

良いキーボードは無限にタイピングしたくなる。

私は普段、コーディングをしたり、ブログを書いたりするのでキーボードをたくさん使っています。以前書いたようにメカニカルキーボードを1つ持っており、打ち心地は満足していたのですが、慣れないUS配列だったこともあり新しいものを探していました。

先日、メカニカルキーボードを新しく購入しました!「FILCO Majestouch MINILA Air JP68キー 茶軸」です。1万円を超えるキーボードは初めてなので、注文ボタンを押す指が震えました。

ここでは買うに至った経緯、MINILA Airのレビューを書いていきます。

MINILA Airの良いところ

  • 茶軸のうるさすぎないコトコトした打ち心地
  • 工夫されたキー配列がもたらすコンパクトさ
  • 細かいところに手が届いている感

MINILA Airの残念なところ

  • 接続の切り替えが少し使いにくい
  • JPは交換キーキャップが黒しかない(USにはある)
  • 有線接続ができないのでUEFI操作などができない

総評
とても満足して使っています。心配していた無線による遅延も全く感じませんし、やはり良いキーボードだとタイピングが楽しくなります。携帯性に優れたメカニカルキーボードが欲しい人におすすめです。

スポンサーリンク

MINILA Airを買った経緯

前々から候補として挙げていたのは、

  • PFU Happy Hacking Keyboard HYBRID Type-S 墨 日本語配列
  • FILCO Majestouch Convertible 2 日本語配列 テンキーレス

の2択でした。これらの共通点として、有線と無線(Bluetooth)どちらもで利用できることです。Windowsのデスクトップでは有線、MacBookでは無線で利用したらいい感じかなあと考えてました。

ではなぜ、MINILA Airを購入したのか。セールしていたからです……物欲に負けましたハイ。

公式通販で、整備済み品として安く売られており、前から欲しかった天然木パームレストも同時に安くなっていたので勢いで買ってしまいましたハイ。

結果として、とても満足しているので良いんですけども。

一応もっともらしい理由は考えていまして、HHKBは高すぎるし、身の丈に合ってない。Majestouch Covertible 2は持ち運びに適さない。という理由で見送りました。

MINILA Air レビュー

届いた状態。箱は正直ダサい

MINILA Airは高さがあるので、パームレストも同時に購入しました。上の木製のやつです。右のはおまけでついてきたパームレストです。

MINILA Airの内容物

キーキャップを取る器具であるキーリムーバーと、CapsLockキーとCntrlキーを交換するキーキャップ、Escキーと半角全角を入れ替えるキーがついています。こういう細かいところがうれしいですよね。電池も付属しています。

かっこいい。

かな入力用の刻印がないので普通のキーボードよりもすっきりしていていいですよね。キー配列が特殊でコンパクトながらキーがみっちり詰まっていて、かっこいいです。

無変換キーとかが記号であらわされているのも地味ながらこだわりポイントかな。kanaキーも。

横からのMINILA Air。かっこいい。

横から見ると、Fnキーと同時押しで入力できる特殊キーが見えます。これがMINILA Airの最大の特徴かもしれません。スペースキーの左右にあるFnキーを用いて、ホームポジション外のキーを入力できます。E, S, D, Fキーでカーソル、セミコロンキーでバックスペース、数字キーで本来のファンクションキーが入力できます。

この特殊入力があるおかげで、よく使うバックスペースとカーソルキーがホームポジションから指を離さず入力できて非常に便利です。Fnキー同時押しは一見面倒で、使う前はおまけ程度に考えていたのですが、使ってみると本当に便利です。ぜひ試してみてほしいです。

横からMINILA Air。かっこいい。

キーボード右上にあるのが、ペアリングのランプとバッテリーランプです。ペアリングするときと、電池が切れるときにしか光らないのであまり光っているのを見ません。ランプは青です。

チルトすると少し高さが増します。私は使ってないですが。
背面はこんな感じ。

背面にはDIPスイッチがついています。このスイッチを操作することでキーをある程度いじることができます。私はCapsLockキーとCtrlキーを交換するスイッチをオンにしています。写真からもCapsLockキーとCtrlキーが物理的に入れ替わっているのがわかると思います。CapsLockよりCtrlの方が使うのでCtrlを使いやすい上に持ってきています。地味ですが便利。本当に細かいところまで手が行き届いているという印象があります。

MINILA Airを使ってみての感想

サイズぴったりの天然木パームレスト Sサイズ

最初に書いた通り、とても満足しています。買ってよかった~!軸色に悩んだ末の茶軸ですが、音もうるさくなく、底打ちになりにくいのでとてもいいです。軽い力でコトコト打てています。実は外出を控えていたので試し打ちをせずに博打で購入したのですが、自分に合っていてよかったです。

少しだけマイナス点を言えば、私が購入した日本語配列モデルにはキーキャップが黒しか用意されていないのが残念です。せっかくならカラフルでかわいいキーボードにしたかった気もします。FILCOさん、日本語配列用キーキャップかわいいのを待っています!

あとは、Bluetooth接続の切り替えですが、シームレスとは言えないと思います。過去に接続したデバイス3つを記憶して、直近の接続先からつなごうとするようです。私はWindowsとMacの2つのパソコンで使うため、デバイスを切り替える機能がより便利だと助かるなあと感じました。

Logicoolの一部のデバイスではLogicool Flowという機能があり、複数のパソコンでの切り替えがシームレスに行えます。こういうのがあったらなよかったです。

が、それを余りあって打ち心地、コンパクトさ、Fnキーの特殊入力が非常に便利です。本当に買ってよかった。木製パームレストも手になじんでいて、使い心地がいいです。同じメーカーだからサイズもぴったり。

木製でとても手になじむ

MINILA Airちゃん、長くお世話になっていこうと思います。よろしくお願いします。

おまけ。いわゆる尊師スタイルにもピッタリのサイズ。

コメント