300円で買える軽くて扱いやすい製図用シャープペン5つをレビュー。(s3, P200など)

スポンサーリンク

勉強を捗らせるために重要なのが、筆記具です。メインはやはりシャープペンシルでしょう。

いいシャープペンシルで効率の良い勉強がしたい。でもシャーペンに高いお金は出せない。そんなあなたに、300円くらいで買える製図用シャープペンシルを紹介します。

この価格帯のシャーペンはほとんどプラスチック製なので、軽くて取り回しがよいです。たくさん字を書く学生には、重いペンは向きません。

ちなみに全部、実際に僕が使っていたシャーペンたちです。

スポンサーリンク

ZEBRA Color Flight

まずは、ZEBRAの『Color Flight』です。

写真は0.3mmですが、もちろん0.5mmもあります。耐久性のある金属チャックです。回転部(後述)はプラですが、そこまで問題ではないでしょう。というかこの価格帯ではそれが普通です。

六角形の軸で鉛筆みたいに持ちやすいです。そしてとっても軽いので、取り回しがききます。繰り出し式の長い消しゴムがついているのも特徴。シャーペンについてる消しゴム使う派の人には重宝すると思います。

何よりオシャレです!製図用シャーペンは無骨なものが多い中、カラーバリエーションもオシャレなものが多いです。写真のライムグリーンなど。0.5mmに10種類、0.3mmに6種類に加えて、期間限定のカラーやラメ入りなど、この記事では1番のバリエーションがあります。色違いで複数所有するのもいいですね。

マイナスポイントはペン先がぶれる、ということ。ちょっとペン先がしなるように感じます。ただ、他の製図用シャーペンと比べてですので、一般的なシャーペンやクルトガなどと比べれば気にならない範囲ではあります。

まとめると、製図用シャーペンとしての評価は低いですが、オシャレ度、利便性は高いです。ロードバイクに対するクロスバイクみたいなイメージ。

4位 ぺんてる シュタインシャープ

お次は、品質のいいシャーペンに定評のあるぺんてるのシャーペン『シュタインシャープ』です。

0.5mmと0.3mmがあります。金属チャックで、さらにペン先の回転部も金属製、非常に耐久性の高いつくりになってます。なかなかないですよここまで金属なの。ペン先がぶれる、ガタガタするとかは全くありません。安心と信頼のぺんてる製。ノック感は値段にしてはかっちりしている印象。

(この値段で、ここの部分まで金属なのは珍しい。)

特徴はグリップに金属を使っていることですね。重心バランスもよくなり、デザインも個性的でおしゃれです。カラーバリエーションも0.5mmで6種類、0.3mmで6種類と豊富です。

ただこの金属のグリップが握りにくいです。長時間使っていると手が痛くなるし、金属なので手が乾燥する冬は滑る。少なくとも、私の手には合わなかった。かっこいいんですけどねー。他のサイト見ると、グリップ好きって人もいるので好みなのかもしれません。ハンズやロフトなら売ってると思うので、実際に握ってみてくださいね。

まとめると、製図用シャーペンとしては高い性能を持っていますが、グリップが人を選ぶって感じです。

3位 PILOT s3

フリクションなどの商品を販売しているPILOTのシャープペン、Sシリーズから『S3』です。

正直に申し上げますと、ここからの第3位から第1位までは同率1位を上げてもいいくらい素晴らしいシャーペンです。これらの中からデザイン的に好みなものを選べばいいと思います笑

さて、S3のことを書いていきますよー。まず、PILOTにはSシリーズというシャーペンのシリーズがあります。S3、S5、S10、S20と4つのグレードがあって、S3はその中で一番廉価なモデルです。しかし侮るなかれ。このS3には芯径が0.3、0.4、0.5、0.7、0.9と5種類もの芯径が用意されているのです!

特に0.4は珍しい芯径ですので、0.4mmを使ってみたいならS3で間違いなし。0.4mmは0.5mmよりも細かく、でも0.3mmほど気を使わなくてよいので書きやすいんですよ!私も愛用していた時期がありました。

もちろん金属チャックです。軸の剛性も十分で、ペン先がぶれることもありません。そして、このプラスティックのボディが手に吸い付くんですよね。握っていて心地よいのです。ペン先に向かって少しずつ細く絞られていくのもまた美しい。好き。

ノック感は軽め。個人的にはもっと重くてもいいと思う。

カラーバリエーションも多いです。写真の透明軸、きれいじゃないですか?なかなかないんですよね、無色透明な軸。10種類あるのですが、注意。芯径によって、カラーが制限されてしまいます。例えば、0.4mmを使いたいなら透明ブラックか透明レッドしかないです。

そして、S3には製図用シャーペンならではの、芯詰まり用の針金がついています!(クリーニングピンというらしい)

これでペン先のパイプの芯詰まりを解決するんです。無いなら無いでいいのですが、細かいところに気配りがされているのはプラスポイントですよね!

ちなみに私の大学の人はS3使っている人が多いです。なぜかはわからないですけど。

まとめると、製図用シャーペンとしては優等生で、芯径とカラーのバリエーションが豊富。迷ったらこれで間違いない!って感じです。

というわけで、『PILOT S3』は3位です!

2位 STAEDTLER 925 65  カラーコレクション

ステッドラーのエントリー製図用シャーペンです!

ステッドラーは製図用品で高い評価を得ているドイツの文房具メーカーで、製図を学んでいた母もステッドラー製品を使っていたそうです。そんなステッドラーの製図用シャーペンなら信頼できますね!

高い剛性、クリーニングピン、チャック、ペン先の回転部も金属製、クリーニングピン付属、と隙のないつくりです。製図用シャーペンとして高い性能を持っていると言えます。

今まで挙げたシャーペンと比べて、特筆すべきところは芯の濃度表示があるところではないでしょうか。上の写真の”HB”と書いてあるところですね。製図をする人は濃さの違うシャーペンを使い分ける必要があるため、間違えないように表示できるようになっているのです。この価格帯ではついているのは珍しいです。本格派ですね。

また、このシャーペンはしっかりとした金属のクリップがついているのも特徴です。挙げた他のシャーペンは細くてあまり実用性がないのに対し、このシャーペンのクリップは幅が広くしっかりと取り付けられているため、紙に挟んでも落ちないようになっています。

そして、カラーコレクションというだけあり、カラフルでかわいい色が揃っています。

(公式サイト:http://www.staedtler.jp/products/01_writing/07b-mechanical-pencil/index.html より)

実際はもう少し薄い色ですが、パステルでオシャレな色ですよね!私は一目見た瞬間に購入を決意しました。一目惚れですね笑

このシャーペンの何よりのアドバンテージはドイツのメーカーであることだと思います。高い品質を誇り、質実剛健な製品を生み出しているドイツのメーカー、ステッドラー。それだけで買いたくなっちゃいますね。

唯一のデメリットは売ってるところが少ないということでしょうか。東急ハンズやロフトだと売っているところと売ってないところとあるようです。私はSmithという雑貨屋さん?で買いました。ロルバーンノートで有名なデルフォニックスの直営店ですね。

まとめると、製図用シャーペンとしては完璧。パステルカラーのオシャレさんで何よりドイツのメーカー、ステッドラー製!って感じですね。

1位 『P200 for BOYS & GIRLS』

先ほども登場したぺんてるから『P200 for BOYS & GIRLS』です。いきなり申し訳ないのですが、このシャーペン、期間限定商品で今は売ってません……。

追記:2019年2月9日時点で、シャー芯セットで売っているようです!

P200というぺんてるの名作シャーペンの数量限定の復刻品です。P200は今現在、0.9mmならば『きらり』という商品で販売されているのですが、0.5mmのモノは廃番になっています。こんなにいいものなのになぜ……。

と前置きは置いておいて、シャーペンのレビューに戻ります。高い剛性、チャック、ペン先の回転部ともに金属製と製図用シャーペンとしての性能は十分です。(クリーニングピンはついていません。残念)ノック感がカッチリしているのも素晴らしい。挙げたシャーペンのの中で一番カッチリしていて、精巧さを感じられます。

このシャーペンの何よりの特徴が握りやすさです。ペン先にいくにしたがって非常に細くなっていくことと、ボディが12角形になっていることで他のシャーペンにはない圧倒的な握りやすさを誇ります。本体が軽いのも組み合わさり、長時間使っていても疲れにくいのです!グリップが柔らかくて疲れにくいって謳っているアルファゲル系のモノより断然疲れにくいと思います。実際、私は大学受験をこのシャーペンと乗り越えました。

まとめると、製図用シャーペンとして高い性能を持ち、握りやすく軽いので取り回しが抜群にいい、って感じです。

海外版ならあるようですが、300円台ではないです。申し訳ないっす。

おわりに

いかがだったでしょうか?欲しいものは見つかりましたか?個人的にはS3をおすすめします。入手性もいいですし、カラーバリエーションと芯径がすごい!

300円台はちょうどいい価格帯で、各社いろんなシャーペンを出しています。ぜひ1度店頭で試し書きをしてみてほしいです。

コメント