初めてのメカニカルキーボードにはe元素がいいぞ【e元素 ゲーミングキーボード 赤軸 レビュー】

ホワイトとブルーがクールじゃないですか?
スポンサーリンク

あなたはキーボード、何を使ってますか?

僕は家族のパソコンも自分用のパソコンもノートパソコンなので、それについているキーボードしか使ったことがありませんでしたが、メカニカルキーボードというものを知り、使ってみたら世界が変わりました。もうノートパソコンのキーボードには戻りたくありません。大げさに表現してるように見えますが、マジです。ということで私が使っている「e元素 ゲーミングキーボード 赤軸」を紹介します。

スポンサーリンク

e元素のメカニカルキーボードを購入した背景

私がそもそもメカニカルキーボードを購入した理由は、プログラミングやブログで大量のテキスト入力をしているからです。丸一日近くキーボードで文字を入力しているとだんだん指や腕が疲れてくるのです。

エンジニアやブロガーの人たちはどう対策しているんだろうって調べてみると、キーボードにこだわりを持っている人が多いようです。私の大好きなブロガーのトバログさんは、バッグにHHKB(Happy Hacking Keyboard)という持ち運びには向かない、大きく重いキーボードを持ち歩いているらしいです。それほどまでに打ち心地がよいらしい。それと比較されるのが「東プレ リアルフォース」というものもいいらしいです。エンジニアの人もHHKBや東プレを利用している人が多く、私もほしいなあって思ったのですが、めちゃめちゃ高い。手が出ない。学生にはキーボードに数万円も出せないよ。

ということで、私が購入したのは中華メカニカルキーボードの「e元素 ゲーミングキーボード 赤軸」です。

e元素は中華キーボードの中では比較的レビューが多く、信頼性が高そうだったのでAmazonで購入しました。探しても見つからなかったので、下のリンクは青軸の別のものです。

メカニカルキーボードの素人解説

素人ながらに色々と調べたので、軽く紹介します。

まず、キーボードはメカニカルキーボードとメンブレンキーボードに別れています。メカニカルキーボードはキーそれぞれにスイッチが付いていて、スイッチが押し込まれると反応するカタチ。メンブレンキーボードはキーボード全体に1枚のゴムが設置されていて、そこの一部が押されると反応するカタチです。
異なる点としては、

  • メカニカルキーボードの方が打ち心地が良い
  • メンブレンキーボードの方が薄くできる
  • メカニカルキーボードの方が耐久性が高い

といった点です。メカニカルキーボードは打ち心地が良い代わりに大きくなってしまう。メンブレンキーボードは打ち心地が悪い代わりに薄型化できる。というように、トレード・オフの関係になっています。どちらが一方的に劣っているわけではないのです。メンブレンキーボードはゴムを利用しているので耐久性に限界がありますが、ものによりけりですが数年は持つはずなので、気にしなくてもいいと思います。

大きな枠としてメカニカルとメンブレンがあり、メカニカルキーボードの中にHHKBや東プレの利用する「静電容量無接点方式」があります。これはほぼメカニカルキーボードなのですが、反応の仕組みが違います。普通のメカニカルキーボードはキーを押し込んだときに金属同士が接触して通電し、反応します。静電容量無接点方式は押し込んだときに静電気を利用して、電位差を検知し、反応します。よくわからないですが、キーが物理的に接触しない分、指へのフィードバックが少なく負担も少ないのが静電容量無接点方式です。

3種類をまとめると

  • 打ち心地:静電容量無接点>メカニカルキーボード>>メンブレンキーボード
  • 携帯性:メンブレンキーボード>>メカニカルキーボード=静電容量無接点
  • 価格(安い順):メンブレンキーボード>メカニカルキーボード>>静電容量無接点
  • 静音性:メンブレンキーボード>>メカニカルキーボード>静電容量無接点

といった感じです。重視する部分で選べば良いと思います。私は「打ち心地が良く、なおかつ価格は安く、携帯性は気にしない」という観点で見て、e元素のメカニカルキーボードを購入しました。学生の文字大量入力する人におすすめです。

キースイッチの種類。赤軸って?青軸って?

メカニカルキーボードを買おうと思って疑問に思ったのが、「赤軸ってなんだ、青軸ってなんだ」という話です。

ざっくりといえば、キーが反応するスイッチの種類です。打ち心地と音に関係します。代表的なものは赤軸、青軸だと思います。他に茶軸やピンク軸とか銀軸、黒軸とかもあるらしいです。赤軸は、あまり押し込まなくても反応するのでゲームに向いています。青軸は、入力する感じがカチッとしているらしいです。音は青軸のほうが大きいらしいです。

私はゲームにも使おうと思ったので、赤軸を購入しました。

e元素 ゲーミングキーボード 赤軸 レビュー

ホワイトとブルーがクールじゃないですか?

というわけで、本編のレビューをしていきます。私は赤軸のホワイトを購入しました。テンキーはありません。ホワイトのキーボードは珍しいので良いですよね。

横から見ると名前の通り、赤い軸が見えますね。

ゲーミングキーボードなのでもちろん光ります。色んな光らせ方があり、fn + pgdnキーで変えられます。もっと高級なキーボードだとキーそれぞれに光らせ方を指定したりできるようですが、私には必要なかったですね。ホワイトとライトブルーの組み合わせ最高じゃないですか?

こちらが光り方の動画です。

E元素 メカニカルキーボード 赤軸 LED制御

裏はこんな感じ。ケーブルは取り外せます。

打ち心地が異次元すぎる

使った感想ですが、メンブレンキーボードとは世界が違います。私が今まで使っていたのがMacBook Proのバタフライキーボード(キーが浅く、指に負担がかかりやすい)というのも関係しているとは思います。それにしても、メンブレンキーボードとは打ち心地が全然違います。キーを打つ感覚が全く違います。メンブレンキーボードはカタカタというかペチペチというか、「キーを叩いている」という感じです。このe元素のメカニカルキーボードはカチャカチャでスコスコしていて、「キーを押し込んでいる、入力している」という感じです。

今までのキーボードは何だったのかっていうくらいユーザー体験が違います。ノートパソコン付属のキーボード、メンブレンキーボードしか使ったことのない人、ぜひメカニカルキーボードに手出してみてください。

まとめ:初めてのメカニカルキーボードにおすすめ

たくさんキーボード入力する人には、ぜひメカニカルキーボードを使ってみてほしいです。慣れが必要ですが、慣れれば最高の打ち心地です。

メカニカルキーボードの中でも、e元素は中華系メーカーなので非常に安く、中華メカニカルキーボードの中では信頼性があるということで、初めてのメカニカルキーボードにぴったりだと思います。

気に入ったら他のメカニカルキーボードを買うもよし、自作キーボードするのもよし、HHKBや東プレリアルフォースを買うもよし。

とりあえず、メカニカルキーボード、買ってみようよ!本当にメンブレンキーボードとは別物で、世界が変わることを保証しますよ!(しないけど)

コメント