コスパ悪くて一般の人にはMacBookシリーズは必要ないという個人的な恨みの話

スポンサーリンク

僕はApple製品が好きです。美しいデザイン、ハードとソフトまで一貫したアーキテクチャ、これまで使われてきた歴史などなど色々と素晴らしい点が非常に多いです。だからこそ様々なプロ、特にデザイナーやプログラマーに利用されているのでしょう。

ただ、コストに対するパフォーマンスはやはり厳しいものがあります。Appleのラップトップ、MacBook Proの優れている点と劣っている点をまとめてみたいと思います。

スポンサーリンク

余談:なんでこんな記事を書いているか。

僕がMacBook Proを購入して公開しているからです。こんな高いラップトップ買うんじゃなかった感があります。

MacBookシリーズ、人気すぎませんか?僕もApple大好きでMacBook Proを購入したのですが、今考えてみると必要なかったのでは、という気持ちになっています。ほとんどの人はこのめちゃ高いラップトップを買わずに、もう少し安くてスペックのいいラップトップを買ったほうが幸せになれると思うのです。

プログラマーだったりデザイナーだったりする人は必要かもしれませんが、普通の人はMacBook必要かと聞かれたら「必要ない」と思います。

これめっちゃ個人的な恨みなのですが、無責任に高いAppleデバイスをオススメして、お金のない学生に買わせないでください。エンジニアにはMacBook Proが必要不可欠!と嘘をつかないでください。いわゆるインフルエンサーの人に言っているのですが。といかエンジニアになったら会社支給でMacBook Proが来ると思います(来ました)。MacBook Pro2台あって正直持て余しています。

MacBookを使っている人がかっこいいから憧れで買う人って多いと思うのですが、その人はお金があるから買ってます。お金がない人にMacBookハマジでやめたほうがいいよ。僕は18万円を24回払いして払いましたよ……。

優れている点1:UNIX(Linux)ベースのOS

MacBook ProはUNIXベースのMacOSが搭載されていて、ファイル構造やターミナルの使い勝手などからWindowsよりも使いやすいとされています。また、ハードがWindowsと違って統一されているので、環境差が出にくいのも良い点だと思います。

ただ、最近はWindowsもMicrosoftが色々と頑張っていて親Linuxになりつつあるようなので、ここの差はいずれ埋まっていくのかもしれません。

また、もともとWindowsのラップトップにLinuxのOS、例えばUbuntuなどを入れることで完全なLinux環境を作ることも可能です。Ruby開発者のまつもとゆきひろ氏はThinkpadにLinuxを入れて利用していると書かれていました。ただ、PCに詳しくない人はLinuxをPCに入れるのは苦労すると思うので(僕自身実際にやったことはない)、これはオプションみたいな話だと思いますが。

優れている点2:デザイン

単純に、MacBook Proはデザインが美しですよね。アルミ削り出しのひんやりしたボディ。真ん中のリンゴ。薄く、詰まっている感のある筐体。間違いなく美しい。閉じるときにパタンと完全にしまった音がするんですよ。これが気持ちいい。

優れている点3:トラックパッド

MacBook Proのトラックパッドが最強に使いやすいです。感度、ジェスチャともに最高です。これはWindows勝てないかもしれません。最新のWindowsラップトップを使っていないのではっきりとは言えないんですけど。

優れている点4:画面解像度

MacBook Proの画面、すごくきれいですよね。あれって、高い画素数をまとめて1ドットを細かくしているからきれいに見えています。Retina機能といいます。Windowsの場合はスケーリングといいます。ディスプレイは良いものを利用して、画面が汚いと感じる人はいないでしょう。

優れている点4:たくさんの人が使っている

結局の所、ここに尽きるのかもしれません。MacBook Proは色々と安定感があります。Windows端末は機種によって非対応なデバイスやソフトウェアがある可能性がちょっと頭をよぎります。でも、MacBook Proならあんまり器にすることなく買えます。たいてい対応しているので。まれに対応していなくて困ることもありますが。

他にも、バックパックがMacBook Proがぴったり入るように設計されていたり、アクセサリーが多かったり、機材がMacBook Proを意識して作られていたりする事が多くて、そういう意味で便利です。

劣っている点1:コストに対する性能

コスパは正直悪いと思います。同じ性能なら間違いなくより安いモデルがあります。コスパを考えるならWindowsラップトップをおすすめします。

劣っている点2:選択肢がない

点1と被るかもしれません。Appleのラップトップは選択肢が少ないです。というよりWindowsラップトップに選択肢が非常に多いです。そりゃあApple一社とほか全てのPCメーカーを比較してもしょうがないのですが。

自分の必要とするCPUパワーやGPUパワー、画面解像度、端子があるなら選択肢が多いのがWindowsです。逆にAppleラップトップはたいていのことがそれなりにできるので、特にこだわりがなく癖がないのが良いところなのかもしれません。

劣っている点3:拡張性の低さ

MacBookシリーズは拡張性がありません。後にメモリを増設したり、CPUを交換したりする事はできません。はじめは低価格で買って、必要になったら高スペックにするとかはできません。なので長く使おうとすると、いきなり何十万のハイスペックモデルを買わざるを得ないんです。これはマジで厳しい。

出力がType-Cしかないというのも拡張性が低いと言えるかもしれません。

おわりに

WindowsラップトップにUbuntu入れてみようかなあ。

ガジェット
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
かろめも

コメント