大学のキャリアセンターでインターンシップについて聞いたら反対された。

スポンサーリンク

こんにちは。トトモネです。

先日、大学のキャリアセンターに行ってみたので、そこで言われたことを忘れないように書いておこうと思う。

誰かの参考になれば幸いです。

目次

 聞きたかったのは、長期インターンシップのこと

少し前から、バイトに行きたくなくなかった。貴重な大学生の時間を単純作業に使うのはもったいないと思った。

それならば、興味のあるプログラミングなどを学びつつ、お金をもらえる長期インターンシップとやらをやったほうがいいと思った。もしかしたら、コネも得られるかもしれないし。

www.in-fra.jp

このサイトを参考にいろいろ見たよ。

ネット募集のは怖かった

ただ、求人サイトに載っているモノには応募しなかった。

理由は、

  1. ブラックインターンかもしれない
  2. 職場の雰囲気もわからない
  3. 必要資格がきつい

こんな感じ。

長期インターンには、学生を労働力としてしか見なさずに単純労働をさせるブラックインターンなるものがあるらしい。こわい。

また、求人を出しているのはほとんどがベンチャー企業だった。ヤバい会社もあるかもしれない。

そして、必要資格が厳しいものが多い。即戦力として求められても厳しい。ただし、今回私は情報系、つまりプログラミングでの求人を見ていたから資格が厳しかったのかもしれない。営業なら別か?

キャリアセンターに行ってみた

キャリアセンターなら、まともな企業を紹介してくれるにちがいない、と思って行ってみた結果……。

やんわりと否定された。

キャリアセンターのおじさんが話してくれたことを以下にまとめます。

キャリアセンターで言われたこと

勉強しなさい

就職がうまくいっても卒業できなきゃ意味ないよ。長期インターンは時間とられるから、勉強がおろそかになる可能性があるよ。

1年生の頃から就職を考えてると病む

この時期から将来を考えるのはいいことだけど、気にしすぎると大変だよ。息切れしちゃう子も多いよ。

やるなら長期休みに

やるなら春休みとかだけでやったほうがいいよ。

日記をつけなさい

じゃあ今やったほうがいいのは何かっていうと、日記をつけること。毎日、今日は何があったかな、何を考えたかなっていうことを3行とかでいいから書いていく。それが3年生でする自己分析に役立つ。サークルやバイトの経験も書いておくといい。

ということを言われました。なるほど確かに、と思うことが多き話を聞きに行ってよかったと思う。

 おわりに

結局、長期インターンシップ計画は先送りとなった。

ある程度専門分野の学習が進んでから、また考えようと思う。

今できること、勉強、バイト、3行日記をやっていこう。

統計学マスターになってやんよ!!

おしまい

未分類
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
かろめも

コメント

  1. highishiki より:

    これは……!
    キャリアセンターの人どうなのかなあ……。たしかに納得できることも多いですけどねえ……。
    勉強
    →→
    好きな勉強はとことんやればいい、やるだけ身につくから。でも好きじゃない勉強は、やっても将来的に忘れるだけだから、正直「単位をとれるよういかにしたら過去問を入手し的確に単位を取るためだけの時間の消費で済むか」を考えた方がいい気がします←
    1年生の頃から就職を考えてると病む
    →→
    これは確かにありそう。でもインターンって就職というよりは、「自分がどんなことが好きで、どんなことが嫌いか」を社会という現場で理解するための方法だから、自己分析に近いようなものでもある気がするんですよねー。だから自己分析のためにもやっておいた方がいい気が。特に色々な会社で。
    やるなら長期休みに
    →→
    これは納得ですねー。ただ、休学中にインターンをやったりすることになった自分から考えると、割と自己分析とかのために1年間休学して数社のベクトルが違う企業でインターンを経験する、というのもありな気がします←(ただし休学の費用が安めなところに限りますが……)
    日記をつけなさい
    →→
    これはまあありそうですねー、ちょっと役立ちそう。
    ううむ、「そのインターンやってみたい!」って思えればキャリアセンターの方の話を気にせずやってみてもいい気がする、という感覚を受けました。
    やりたいと思えなければ、今はやらなくていいかも……。
    インターンとか、そもそもやりたいことを見つけるのが出遅れて最高に後悔している人間からの謎アドバイス、気が向いたら参考にしてもらえれば笑