満員電車から開放されよう!新生活に自転車通学・通勤完全のススメ

スポンサーリンク

ジテツウはいいぞ!

こんにちは、自転車大好きブロガーのとともねです。

4月から新生活が始まっている人も多いことでしょう。みなさんは学校・職場にはどのような交通手段で通っていますか?電車?バス?それとも自家用車でしょうか。

私は今年度から自転車で通学しています!コレがなかなか良かったので、自転車通学・通勤、いわゆる”ジテツウ”のためのマニュアルを作成しました!みなさんにシェアしていきたいと思います。

スポンサーリンク

ジテツウのメリット

満員電車からの開放

満員電車・満員バスってストレスですよね‥‥。他人と体を押し合って、お互いにイラッとしながら、目的地までひたすら我慢。それが毎日繰り返されるのは本当に辛い‥‥。

ジテツウならばぎゅうぎゅう詰めのストレスから開放されます!朝の清々しい風を感じながら、道路を駆け抜けるのはとても気持ち良いです。

運動不足解消になる

「最近、運動できてないなー」って思っている人はいませんか?平日は仕事・勉強が忙しい、休日もなかなか気分が乗らない‥‥。そう思いますよね。

ジテツウすれば運動不足を解消できること間違いなし!通勤・通学するためには自転車に乗らなければならないので、サボってしまうこともありません。必ず続く運動習慣になります。私は実際に往復20kmくらいの距離を毎日通学しています。かなりの運動になっていると思いませんか?

お金の節約になる

当然、公共交通機関を利用しなくなるわけですからお金の節約になります。定期を買う必要がありませんから。定期代って仕方ないから今まで払っていましたが、結構かかってますよね。

私の場合、6ヶ月契約の学割が効いて約4万円でしたから、月に約6,500円の節約になっています。

自転車に乗れる

これは一部の人に限られてしまうかもしれませんが、自転車に乗ることが好きな人にとって乗ること事態がメリットになります。私は自転車大好きなので、毎日自転車に乗ることができて楽しいです!

自転車好きな方には、Uber Eatsもオススメです。

Uber Eats 配達員という働き方。好きなときに、好きなことを。

これでジテツウのメリットについてわかっていただけたでしょうか?ジテツウしたくてたまらなくなった人に、ジテツウで用意しなければならないモノ等をご説明します!

ジテツウで事前に考えておくべきコト

自転車の駐輪場所

会社・学校についた後、自転車をどこかに駐輪しておかなければなりません。そのへんの道路に停めておくのは窃盗の恐れもありますし、通行の迷惑にもなるのでやめましょう。

最も良いのは、会社の中、学校の中に置かせてもらうこと。部外者が入りにくい場所ならば、窃盗の危険性もとても下がります。私も、学校の中のサークル棟の中に置かせてもらっています。

ただ、全員が全員ジテツウに理解があるわけではありませんし、スペース的に無理ということもあります。次点でオススメなのが、PEDALRest(ペダレスト)という自転車通勤者のためのサービス。

- PEDALRest( ペダレスト )
自転車撤去、さようなら。ペダレストは自転車の駐輪場を提供しています。遊休スペースを貸し手、自転車通勤者を借り手としたマッチングを行い、駐輪場問題を解決するサービス。

こちらのペダリストはスポーツバイク専門の駐輪設備で、安全性はバッチリ。シャワーもあるので汗を洗い流せます。完璧ですね。

ただ、このペダレストは都心の一部にしかまだないため、通勤・通学先が遠い人には使えません。また、学生にはかなりお高いです。月に8,000円ほどかかります。

どちらも無理だよーって方には、駅前などにある月極駐輪場に停めるしか方法はありません。なので、少しでも良いな駐輪場を選ぶコツを。有人であること、屋根がついていること、人気が多いことの3点に注意して貰えれば良いと思います。

汗の対策

ジテツウ後は汗を書いていることでしょう。できればシャワーを浴びたい、最低限着替えたいと感じるはず。そこで、事前に汗への対策を考えておきましょう。

シャワーを浴びられる人は問題ないです。そのまま着替えられますし。

シャワーを浴びられ環境にない人(ほとんどの人がこちらだと思いますが)は、着替えだけでもしましょう。できれば着替えられるスペースがあれば良いですが、最悪トイレで着替えても問題ないです。着替える際に、ボディシートで体を拭くとスッキリするのでオススメです。私はいつもそうしてます。

どのくらい時間がかかるか計算しておく

初めてジテツウをする場合、余裕を持って計算しておきましょう。ギリギリの時間では、焦って事故に繋がりかねません。初めてではいろいろ慣れないこともあるでしょうから、マージンをたっぷりとって臨むことが必要です。

以上、ジテツウの前に考えておくコトでした。

ジテツウのために必要なモノ

ジテツウをする上で必要になるものをお伝えします。一部は、自転車乗りとして当たり前のことになるかもしれませんが、ご容赦ください。

自転車

コレがなきゃジテツウ出来ませんね!!!この自転車になら毎日を任せられる、相棒として付き合っていく自転車です。大切に扱いましょう。(この記事を見てくださってくれる方はもう自転車持っているかな?笑)

意外と持っていない人もいる自転車の鍵。ジテツウとなると長い間自転車を停めて置かなければなりませんから、厳重な鍵を用意するべきです。U字ロックを1つとワイヤーロックを併用することをおすすめします。大切な自転車を預けるのですから、信頼のある鍵を選びましょう。オススメは歴史と実績のあるABUSの鍵です。最強の鍵として呼び声が高く、ヨーロッパでも非常に多く使われています。

私のような金欠の学生にはクリプトナイトのセットがオススメ。こちらも信用度は高いです。

フロント・リアライト

ジテツウの行きは明るくても、帰りには日が落ちていることが多いでしょう。日が落ちた暗い帰り道では、車に識別されるためにライトが必要不可欠。というかライトがないと道路交通法違反です。罰金刑です。

ライトが暗いと危険ですので、ある程度の良い物を買いましょう。毎日使うものだからこそ信頼できるものを。自転車グッズならこのメーカー、CATEYEのVOLTシリーズからコスパのバランスの良いVOLT400をおすすめします。街頭がある都内ならば十分な性能です。街頭のない農道などを通る場合はより明るいVOLT800が良いかもしれません。

ヘルメット

スポーツバイクに乗るときは、必ずヘルメットをかぶりましょう。髪型は崩れますが、安全性に勝るものなんてありません。自転車に慣れ親しんだプロのレーサーですらヘルメットをかぶるのですから、私達アマチュアがかぶらない理由はありませんよね。

昔、ロードレースではヘルメットの着用義務がなく、落車で命を落とす人もいたそうです。もし何かあったときにあなたを守ってくれるのはヘルメットだけですから。

自分の頭を守ってくれるものですから、ここはケチってはいけません。よくわからないメーカーのものはやめましょう。OGK KABUTOは日本人の頭に合ったヘルメットを作ってくれる日本のメーカー、そしてコストパフォーマンスにも優れるサイクルアクセサリーブランドです。私も愛用しています。

アイウェア

アイウェアって何だ?って思う人もいるかもしれません。アイウェアとは、自転車用のサングラスのこと。サングラスなら持ってるよっていう人は多いと思いますが、専用のものを買うことをオススメします。

理由は、風から目を保護してくれるから。スポーツバイクでは風を強く受けるので、アイウェアがないと目が真っ赤に充血します。実際、私もスポーツバイク乗りたてのうちはユニクロの1,500円のスポーツサングラスをかけていたのですが、家について鏡を見ると目が真っ赤!家族に心配されました笑 会社の人に心配をかけないようにするためにも、アイウェアを買うべきだと思いませんか?私はヘルメットと同じく、OGK KABUTOのアイウェアを使っています。いくつかデザインの違うものがあるのでお好みでどうぞ。

ウインドブレーカー

行きは日が出ているので暖かいかもしれませんが、帰りは一気に気温が下がっていることも考えられます。そんな時に重宝するのが、ウインドブレーカー。自転車では強い風で体が冷やされることが問題なので、ウインドブレーカーを着ると体感気温がまるで違います。

ウインドブレーカーは無理して自転車用のものを買う必要はありませんが、やはり専用のものは便利です。しっかりフィットするように出来ています。

この他に、着替えとボディペーパー、汗ふきタオルを用意しておくと良いと思います。

以上、ジテツウのために必要なものでした。

ジテツウのデメリット

メリットしか書かないのは不公平ですので、デメリットも書いていこうと思います。

雨の日には無理

雨の日にはジテツウするのは止めておきましょう。路面が滑って非常に危険ですし、自転車にもよくありません。素直に電車・バスに乗りましょう。

危険?

自転車は基本的に車道を走るので、車と非常に近く接触しやすいと言えます。身を守るものはヘルメットしかなく、接触してしまうと怪我する可能性があります。電車・バスと比べると危険であることは間違いないでしょう。

時間がかかる

当然、電車やバスのほうが速く移動するので速く目的地に着きます。早く家を出発しなければならないでしょう。着替えや駐輪にも時間がかかりますから、余裕を持って出発するように。焦りは事故にも繋がりかねません。

疲れる

距離にもよりますが、ジテツウすることで肉体的に疲れてしまいます。私は片道10kmなので問題ありませんが、20km、30kmとなるとかなりの負担になると考えられます。仕事や学業に支障が出るのはまずいですよね。

実際に1週間ジテツウしてみて

個人的な感想となっていますので、参考程度にお考えください。

やっぱり朝早くに風に吹かれながら自転車に乗るのは気持ちがいいです。そんなにスピードも出さずに走っているので、程よい運動をしているっていう感じ。

帰りは夜の東京をのんびりと走る。夜遅い時間だと車も少なくなって走りやすいんですよね。ナイトライドって何かいけないことをしているようで好きです。

意外と盲点だったのが、道が混んでいる可能性があるということ。車が詰まっていると当然自転車が走りにくいので、予定していた時間よりも遅くなってしまうことがあります。やはり余裕を持って向かうことが大切ですね。

おわりに

ジテツウ、最高ですよ!いろいろ準備は大変ですが、2日も通ってみれば慣れます。

くれぐれも安全運転を心がけてくださいね!急いでいるからって信号無視したりしないように!

おわり

ライフ ロードバイク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
かろめも