iPhoneでWordPressブログを更新する方法

スポンサーリンク

iPhoneでブログ更新したい!
って人多いと思います。

iPhoneでブログが書ければ、いつでもどこでも記事が書ける。更新頻度爆上げ!って感じですよね。

この記事もiPhoneで通学中に書いています。

iPhoneでWordPressブログを更新するコツをお伝えします。

スポンサーリンク

テキストエディタで記事本文を書く

iPhoneではWordPress公式アプリではなく、テキストエディタで本文を書くということ。

理由は、WordPressの公式アプリの使い勝手が悪いから。

iPhoneには優れたテキストエディタがたくさんあります。

使いづらい公式アプリを使うより、使いやすいテキストエディタを使うべきです。

ちなみに僕は、Mwebというテキストエディタを使っています。シンプルで使い勝手のよいアプリです。

‎MWeb - Powerful Markdown App
‎MWeb is Pro Markdown writing, note taking and static blog generator App for Mac, iPad and iPhone. **Feature in MWeb for iOS** * Full support for Github Flav

iPhoneからWordPressに出力

僕が使っているテキストエディタには、WordPressに直接エクスポートする機能が備わっています。

WordPressの下書きに記事をそのまま突っ込めるというわけ。すごく便利です。

記事本文をWordPressにエクスポートしたら、テキストエディタの出番は終わり。

Pixabayとcanvaで画像編集

ブログには画像が必要です。せめてアイキャッチくらいは必須。

僕の場合、美しいクリエイティブ・コモンズの画像がたくさんあるサイト「Pixabay」からダウンロードして使っています。

100万点以上の高品質なフリー画像素材 - Pixabay
ダウンロードして様々な用途に使える、フリーで高品質な画像・動画素材。商用利用でき、クレジット表記も不要です。

ダウンロードした画像をリサイズしたり、文字を入れたりするのには、ブロガー定番のアプリ「Canva」を使っています。

‎Canva: 名刺、チラシ、ロゴ、ポスター作成
‎Canvaを使えば、美しいデザインとプロフェッショナルなグラフィックを作れます。写真、文書、エレメント、ステッカー、ボーダー、フレーム、その他いろいろなものを編集できます。何百種類ものプロフェッショナルなテンプレートを用いてすぐに使い始めることができます。テンプレートは必要に応じて変更することも可能。 自分の写真を

ブラウザ版WordPressで編集

記事本文をWordPressにエクスポートしたら、次はリンクの挿入や画像の挿入、アイキャッチの設定などをします。

WordPressは公式アプリが存在しますが、僕はブラウザ版を使っています。

理由は3つ。

  • 動作が軽い
  • Linker等のプラグインが使える
  • パソコン版と同じUIでわかりやすい

Linkerなどのエディタ上で使うプラグインは公式アプリでは使えないので、ブラウザ版の一択になります。

投稿する

ブラウザ版WordPressでアイキャッチなどの設定を行ったら、そのまま投稿します。

ブログは本と違い、後からすぐに修正が効くので、とりあえず公開しちゃいましょう。

Done is better than perfect(完璧よりも完成を目指せ。)です。

結論:iPhoneでもブログ更新できる

はてなブログは公式アプリが非常に使いやすいので、それだけでブログが書けます。

対して、WordPressは公式アプリが使いにくいので工夫する必要があります。

ですが、少しの工夫を凝らせばiPhoneでもWordPressブログは更新できるので、ぜひやってみてください。

おわり

ブログ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
がくログ