iPhoneでGoogle Chromeをデフォルトブラウザのように使う理由とコツ

スポンサーリンク

iPhoneでもChrome使おうよ

僕はWindowsのパソコンとiPhone、iPadを使っていますが、ブラウザはすべてGoogle Chromeに統一しています。

iPhoneではChromeはデフォルトブラウザではないのでいろいろ工夫が必要ですが、それを上回って便利です。

僕がiPhoneでChromeを使う理由と工夫を教えます!

スポンサーリンク

パソコンとモバイルの同期機能

Chromeには非常に強い同期機能が備えられています。

  • ブックマーク
  • 履歴
  • タブ
  • パスワード

タブの同期はかなり便利で、スマホでブラウジング中に良いサイトを見つけたら、パソコンで開いてじっくり読むなんてこともできます。

パスワードの同期もすごくて、パソコン、iPhone、iPadいずれかの端末でログインしておけば、他の端末でも入力不要でログインできます。

ブラウザを統一することで同期機能が飛躍的に向上するのです

WindowsのSafariはサービス終了してしまっているので、Windowsユーザーはパソコンのブラウザに統一しかないってわけ。

パソコンではもちろんChrome

それじゃあChromeじゃなくてMicrosoft EdgeやFirefoxでもいいんじゃない?って言われそうですね。

それでも僕はがChromeを推す理由は、世界で最も使われているブラウザだから。

利用者が多ければコミュニティは発展し、開発資金も増え、機能がより豊かになります。拡張機能の豊富さからわかりますよね。

他のブラウザにこだわりがあるギークの方々はそちらを使えばいいと思いますが、一般ユーザーの僕たちがあえてChrome以外のブラウザを使う理由はないでしょう。

iPhoneでChromeを使う工夫

僕がiPhoneでChromeを快適に使うためにしている工夫がいくつかあります。

ショートカット(Workflow)を使う

Androidではデフォルトブラウザを変更できるため、メールやSNSのリンクをChromeで開けます。

しかし、iPhoneではデフォルトブラウザはSafariに固定されていて、勝手にSafariで開いてしまいます。同期できないやんけ!

そのために、iOS12でデフォルトアプリの仲間入りした「ショートカット」を使いましょう。

WorkflowでiOSをちょっと自分好みにカスタマイズしてみた。 - #ChiroruLab
色々出来て暇つぶしにぴったり、ネイティブな動作でiOSとの協調性もGood。 Dropboxも併用すればやりたい事の大半は実現可能・・・かも?早速作ってみよう!まずは最近ハマってる「アボカドの種の観察日記」を例に作ってみましょう。 今までの手順としてはこうだ。 写真を撮る 写真を選ぶ 撮影日を確認 観察開始日からの経過

こちらのサイトに載っているレシピ「Switch Browser」を使えば、Safariで開いたサイトをChromeで開き直すことができます。いちいちコピペする必要なし!

広告ブロックはVPNを使う

Safariにはデフォルトで広告ブロック機能が付いているらしいです。さらにアプリストアにはSafariに対応した広告ブロックアプリがたくさんあります。

僕も「280コンテンツブロッカー」を使っていました。残念ながらChromeでは広告をブロックしてくれません。

そこで取り入れたのは、VPNを用いた広告ブロックアプリ「AdGuard Pro」です。

VPNはブラウザで効果を発揮するのではなく、ネットワーク自体で広告をブロックしてくれます。なので、SafariだChromeだのブラウザの話ではなく、iPhoneから広告をブロックしてくれるのです。

驚くことに、無料アプリの多くに入っているうざいバナー広告や全画面の動画広告もブロックしてくれます。すごい!

結論:iPhoneでもChromeは使える!

勝手にSafariで開いてしまったものをChromeで開き直すのは確かに手間です。

しかし、それを上回るほどにブラウザを統一したことのメリットは大きいと思います。タブ同期、パスワード同期が快適すぎます!

ちなみに、アップデートでデザインもマテリアルな感じになりましたよ!(Safariっぽくなった)

まだSafariを使っているあなた、Chromeに乗り換えようよ!!

おわり

インターネット
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
がくログ