iPad 第6世代を購入したので、周辺アクセサリーを揃えてみた!

iPad 第6世代を購入したので、周辺アクセサリーを揃えてみた!
2018年7月2日

先日、念願のiPadを購入しました!しかし、iPad本体だけではその性能の全てを引き出せたとは言えません。iPadの周辺機器もいっしょにいろいろ買ったので、レビューしていきます!

[amazon asin=”B07BVC15Z1″ kw=”Apple iPad (Wi-Fi, 32GB) – スペースグレイ”]

Bluetoothキーボード

iPadでブログを書くには、物理キーボードが必須!必ず購入しようと思っていました。iPad ProならSmart KeybordありますでiPadには使えません。

[amazon asin=”B072MKYRHR” kw=”Apple 10.5インチiPad Pro用 スマートキーボード/日本語 JIS/MPTL2J/A”]

iPad用のキーボードは種類別に分けると3種類あります。

  • ケース一体型
  • 折りたたみ
  • フルサイズ

例えば、一体型はこういうの。

[amazon asin=”B071PFM8BY” kw=”KVAGO iPad 9.7 2018/2017 キーボード7色のバックライト付き ワイヤレスBluetoothで接続 良質PUレザーケース スタンド機能付き iPad 9.7 キーボードカバー 新型 2018/2017 通用(ブラック)”]

折りたたみはこういうの。

[amazon asin=”B00ZP3503O” kw=”iClever 折りたたみ式Bluetoothキーボード iPhone iPad Andriod 対応 ブラック シルバー IC-BK03″]

フルサイズはこういうのです。

[amazon asin=”B00N9M308U” kw=”Logicool ロジクール K480WH Bluetooth ワイヤレス キーボード マルチOS:Windows Mac iOS Android Chrome OS 対応”]

一体型のメリットは、ケースを別に購入する必要がないこと。ラップトップのように使えるので見た目が良いことが挙げられます。デメリットは本体が重くなってしまうことです。せっかくのiPadの手軽さが失われてしまうように思い、ケース一体型は候補から外しました。

折りたたみとフルサイズのどちらかにすることに決めました。評判が高かったのが、Microsoftの折りたたみキーボード。でもお値段が厳しい。

[amazon asin=”B014F4K1VO” kw=”マイクロソフト 薄型キーボード Bluetooth対応/ワイヤレス/折りたたみ Windows/Androidタブレット/iPad, iPhone対応 Universal Foldable Keyboard GU5-00014″]

Amazonには全く聞いたことのない電子機器メーカーの品が多く売られていますが、レビューがサクラのものばかりです。こういう時に、つまりコスパの良い信頼できる商品ならばやっぱりAnker。「Anker ウルトラスリム ワイヤレスキーボード」

[amazon asin=”B00U260UR0″ kw=”Anker ウルトラスリム Bluetooth ワイヤレスキーボード iOS/Android/Mac/Windows に対応 ホワイト”]

見た目もAppleのMagic Keyboardっぽくておしゃれ、レビューも高かったのでこれにしました。詳細なレビュー記事はまた別で書こうと思います。今のところ買ってよかったと思ってます!おすすめです。

ケース

Apple製品はケースつけずに使うべし!という考えはミニマルで好きです。が、ブログ書くときや動画視聴のときのために、別でスタンドを持ち歩くのもなんだかなあ、と考えました。なのでスタンドにできる機能を持ったケースを買うことに決めました。

はじめに候補に上がるのはもちろん純正カバー。スマートカバーという画面を守るタイプのケースです。ただ、背面を守ることができないのが難点です。

[amazon asin=”B071RGSJQW” kw=”Apple iPad スマートカバー/チャコールグレイ/MQ4L2FE/A”]

次の候補は僕がiPhoneに使っているAnd Meshのケースです。ただ、後述するApple Pencilを収納できないのがネック。

追記:iPad 9.7インチ用のケースは公式サイトでもSOLD OUTになってしまっているようです!

僕が最終的に購入したのが、Poeticのケースです。どこのメーカー?見たことないんだけど。って思いますよね。PoeticはApple信者1億人創出計画さんで紹介されていたiPadケースメーカーなんです。Apple製品に並々ならぬ愛情を込めているであろう方が選んだケースメーカーなら、他のケースだって良いに違いない!と思って購入しました。

[amazon asin=”B07BRDLH88″ kw=”iPad 9.7ケース Poetic スタンド機能 筆の収納 シンプル 三つ折タイプ 全面保護型 背面の透明ケース ペンホルダー付き 保護カバー iPad 9.7 2018用 TPU素材, ブルー”]

実際に使ってみると大満足です!磁力は十分に強くて、スタンドは安定する。ペンシルもぴったり収納できて、取り出しやすい。無駄に分厚くない。良い買い物でした。スマートカバーは画面保護+スタンド機能ってだけで高すぎます。貧乏学生には厳しいです。

Apple Pencil

Apple Pencilを買わなきゃ、わざわざ第6世代を買った意味がない!

[amazon asin=”B018MX3PNU” kw=”Apple iPad Pro Appleペンシル/MK0C2J/A”]

初めて使ってみたら、ため息が漏れました。はあぁ、すっごい。

紙のように書けるってよく言いますが、紙より書き心地いいかもしれないです。講義のノートはiPadでいい気がしてきますね。イラストはまだ描いていないので(描けない)なんとも言えませんが、文字を書くのは抜群にいい。

ガラスフィルム

ケースあるので必要ないかな?っと一瞬思ったのですが、Apple Pencilを使うなら付けるべきです。Apple Pencilは書いてる時、結構コツコツ言います。ガラスフィルム貼ってなかったら、画面が傷ついちゃいそうで怖いです。

というわけでガラスフィルムも購入!安心と信頼の「Anker GlassGuard iPad 9.7インチ」AnkerのガラスフィルムはiPhoneの時にも買ってまして、キレイに貼れるように貼り方に工夫がされているのが他フィルムとは違うポイント。不器用な僕でも気泡が入らず貼れます!!

[amazon asin=”B00T7973OG” kw=”Anker GlassGuard iPad 9.7インチ(2018年 2017年モデル) / iPad Pro 9.7インチ / Air 2 / Air 用強化ガラス液晶保護フィルム”]

充電アダプター

僕の場合、iPadを中古で購入したので充電アダプターが付いていなかったんですよね。iPadはバッテリーも大きく、高電圧を必要とするため、iPhone用のアダプターでは充電にかなりの時間がかかってしまいます。そこで購入したのが「Anker PowerCore Fusion 5000」

[amazon asin=”B0725VK5ZC” kw=”Anker PowerCore Fusion 5000 (5000mAh モバイルバッテリー搭載 USB急速充電器) 【PowerIQ搭載/折畳式プラグ搭載】 iPhone、iPad、Android各種対応(ホワイト)”]

実はAnker PowerCore fusion 5000は前から持っていたんですが、ちょっと前に紛失してしまったんです。かなしい。今回はLighteningケーブルの色に合わせて、ホワイトのモデルにしました。詳しいレビューはこちらの記事をどうぞ。

ちなみにLighteningケーブルもAnker製「Anker PowerLine II ライトニングUSBケーブル」大好きです、Anker。かなり太いケーブルで断線しなさそうです。一番売れているLightningケーブルだとか。

[amazon asin=”B01N40PO2M” kw=”Anker PowerLine II ライトニングUSBケーブル【Apple MFi認証取得 / 超高耐久】iPhone / iPad / iPod各種対応 (0.9m ホワイト)”]

ちなみに、かかった費用

iPadも中古で購入し、アクセサリもコスパ重視で選びましたがいくらかかったんでしょうか。計算してみます。

まず、iPad 第6世代 セルラー 128GB 付属品なし、中古で約5万4000円。楽天市場で買いました。次に、上で紹介したアクセサリが全部で、1万9425円

総合計、7万3425円です!!

えっ?買い過ぎでは??(自分でもびっくり)7月は大きいものは買えなさそうです。