満員電車でのストレスを最大限に減らす対策【ライフハック】

スポンサーリンク

毎日、会社や学校へ行くときに満員電車に乗らなければいけないのは辛いですよね。

僕も辛い。

どこかで見かけましたが、満員電車によるストレスは尋常じゃないらしく、寿命にも関わるとかなんとか(ソース不明です)

「満員電車に乗りたくない!」でも「乗らなければいけない……。」って思っている方に、どうすれば満員電車をやり過ごせるかを考えてみました!

スポンサーリンク

満員電車でストレスを感じる原因

まずは、ストレスを感じる原因から考えてみましょう。

原因究明をきちんとすれば問題は解決したようなものだ、と言いますからね!

無理やり体を押し込まれる

まずはやはりこれでしょう。

電車を一本逃せば遅刻してしまうような人が多いのか、もう乗れないダルォ!って場合にも乗ってきますよね。

乗ってる側からするとまじありえん。

ブレーキ、発進時にすごい押される

電車にはつり革や手すりが設置されていますが、残念ながら乗客全員が掴まれるわけではないです。電車を設計してる人もっと考えてー

なので、捕まっていない人の体重がググッとかかります。その人も捕まっていないので、その体重がさらに隣の人にかかり……。(勝手に体重連鎖と呼ぶことにします)

を繰り返して、凄まじいパワーで押されます。辛い。

荷物が押しつぶされる

パ゛ソ゛コ゛ン゛壊゛れ゛ち゛ゃ゛う゛う゛う゛

満員電車の人混みでは、カバンが揉みくちゃにされることもよくあります。蹴られることもしばしば。

出来るだけ荷物は網棚に置いているのですが、空いていないこともありますよね。

そうなると、必死でカバンを守らなければなりません。

僕は普段、ノートパソコンを持ち歩いているので、気が気じゃありません。ストレスが貯まる貯まる。

僕が感じているストレスの原因はこんなものです。女性でしたら、他にもストレス原因があるかもしれません。

満員電車でのストレスを減らすテクニック

ここからは、僕が考えた満員電車でのストレスを減らす方法をお伝えします。

アーノルドシュワルツェネッガー

は?って思いましたか?そうですよね。

でも少し考えてみて欲しい。電車のドアをが開いたときに、目の前にシュワちゃんが仁王立ちしていたら……。

無理やり体を押して乗り込めるだろうか、いやできない。(反語)

まあシュワちゃんになることは不可能ですけれど、筋トレをして体を鍛えるというのは効果があると思います。

押されても動じない体幹、大きな肩幅はあなたの体を守ってくれるに違いない。

やっぱり筋肉は最高のソリューションだぜ!

体を横(斜め)向きにする

満員電車では、出入り口の方向を向いている人が多いです。そうすると隙間なく乗り込んでしまうので、ぺちゃんこです。ストレスマッハです。

ここで、体の向きを横もしくは斜めにしてみると、スペースが生まれるので余裕ができます。

また横向きだと、体が押されても潰されにくく、耐えられる気がします。(体感)

僕は普段、進行方向逆向きの斜めに立っています。人間は、正面より背中の方が押す力が強いらしいです。

横の人が掴まっているポジションに行く

電車にはポジションがあります。有名なのはドアの横を絶対キープするマン。いますよね。

個人的には、いちいち降りさせられるし、ギリギリ乗り込んでくる人たちに押されるので苦手ですあそこ。

僕が思う最高のポジションは、ストレス原因の2つ目、と3つ目を同時に満たせる、座席の前です。

まず、隣の人もつり革や網棚の手すりに掴まっているので、体重連鎖も起こりにくいです。

加えて、網棚に近いので荷物も置きやすいので、安心です。

難点はポジション取りが難しいこと。降りにくいことです。

短い時間しか乗らない路線なら不向きかも。

目的地途中に、たくさんの人が乗り降りする駅があれば、そこでポジション取りしましょう。

空いている時間の電車に乗る

出勤の時間、授業の時間は決まってるんだから不可能でしょ!って思うのはまだ早い。

乗る電車を早めればいいんです。6時台の電車なら座れる可能性もあります(路線によりますが)。

朝、気持ちよく早起きし、朝食を食べ、家を出る。

空いている電車に乗り、リラックスして通勤・通学。

仕事・授業の前にカフェに入って、準備や自己投資に使う。

なんて有意義で良い朝なのでしょうか(僕ができるとは言っていない)。

電車の変更して欲しい点

愚痴というか、変えることは不可能なので意味のないことだとはわかっているのですが。

それでも、ここは変えて欲しいってところをちらっと書きます。

誰でも掴まれるように手すりをつけて欲しい

手すりやつり革を持っていない人が、体重連鎖を引き起こすのです。電車内全員が掴まれるように手すりをつけて欲しいです。

そんなに難しいことではないと思いますが、なぜ実装されないの……。

頭上のスペースを有効活用して欲しい

満員電車はどこもかしこもギュウギュウってわけではなくて、頭上にはスペースが広がっています。

そこに荷物を置いたり、掴まったりしたいわけですよ。

つまり、荷物棚と手すりを設置して欲しいんです。

背の高い人だって限度がありますから、もう少しスペース活用して欲しい。狭く見えるとかはどうでもいい。実用性を取ってくれ。

利用人数制限して欲しい……。

最後のはもはや非現実的過ぎて不可能な気がしますが、車両に乗る人数を制限して欲しいです。

本来はきっと何人乗れるように計算して作ってるハズですが、もはや意味をなしていない。

混雑率200%って本来乗るべき人数の2倍乗ってるってことですよね?冷静に考えておかしくないですか???

おわりに

ここまで読んでくださった方に、最もストレスを感じにくくする方法をお教えします。今すぐできることです。

それは、「電車内の他人を過酷な戦場にいる同士だ」と思うことです。

「俺も大変だが、こいつも大変だな。まあお互い頑張って耐え抜こうじゃないか(満員電車を)。」くらいに思えれば、イライラしないですよ!

僕もあなたも、満員電車という戦場にいる同士!お互い頑張りましょうね!!

おしまい

ライフ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
かろめも