【落単経験者が語る!】大学で「単位」を落とさないための3つの方法論

スポンサーリンク

こんにちは、最近見た目を気にするのが面倒になってきている雨野トモネです。

今日は大学生にとって何よりも重要な、単位の話をしようと思います。

前期で4単位落とした私の反省を伝えようと思います。

大学生にとって単位とは

大学生にとって、単位は何よりも大切なものです。

単位は命よりも重い……!のは嘘ですが、体調が悪かろうとテストに出席しなければ容赦なく単位を落とされます。

手段が目的化しているようにも思えますが、大学生は単位を取るために講義に出席するのです。

単位を落としてしまうと……

必修科目は即留年の可能性も

ある単位を落としてしまうと時間割の都合上で、留年が確定してしまう科目も存在します。

留年は絶対にしてはいけません。

両親に金銭的に迷惑がかかる、就職に不利になる、友達との関係に溝が生じる、などデメリットしかありません。

もう一度履修しなければならない

私は、前期で落とした単位を回収するために2コマの講義を受けています。なんとどちらも1限目。

1限が増えるというのは地獄です。本当は午後から登校できる日に、朝7時半ごろに家を出る悲しさと言ったら……

留年よりマシですが、こんなことになりたくないですよね。

私が前期で単位を落とした理由

1,大学という教育機関をなめてた。

正直、「単位落とすとかありえねー」って思ってました。

単位落とすとか髪染めてるウェイ系の馬鹿だけでしょ。とか思ってました。

普通に落ちます、単位。容赦なんてものはない。

2,大学の学問をなめてた。

大学では専門性の高い内容を学びます。なので非常に難しい。高校とは世界が違います。

一夜漬けでは何とかなりません!(経験談

あとネットでググってもよくわかんないことが多いです。結構困る。

3,1限の講義なので寝坊することが多かった。

前期は生活習慣が乱れていたので、寝坊が非常に多かった。

まあちょっとの寝坊なら急いで向かえばいいのですが、私はこう思っちゃいました。

「切るか。」

(※切る、とは講義をさぼるってことです。)

出席点のある講義でこんなことしてたら、そりゃ落としますよね。

単位を落としてみて

ほんとに悲しくなりました。

まず、両親に対して申し訳なさ。高いお金を出してもらって勉強させてもらっているのにこの有様。

次に、悔しさ。髪染めて遊んでるやつらが落としてなくて、私が落とす。あいつらよりも私は下なのか。

そして、不安。留年することになったらどうしようか。お金は?就職は?研究室は?

幸い、その科目は落とす人が多いらしく、後期に行われる講義を受けて成績を十分にとれば単位が復活する、という救済措置が用意されていました。

本当に良かったです。中間テストを先日受けましたが、満点でした!もう2度と単位を落としたくない意識が表れてます。

単位を落とさないための3つの方法

実際に単位落としたからわかった、単位を落とさない方法論を紹介します。

1,テスト以外で点数を取る

大学の単位認定は期末テストによって判断されることが多いです。

しかし、テスト以外にも点数として考慮されることがあります。

出席点、課題の提出点、軽い中間テストなど。

こうした点数はテストと比べ、圧倒的に点数が取りやすいです。

期末テストでは明確な実力が反映されます。苦手な科目ではどうしても点数が取りにくいです。

しかし出席、課題はどうにかこなすことができると思います。

こういうところでまじめに点数を取ってとくと、期末テストでやらかしてもどうにか単位を取れたりします。

2,授業に出席する

大学と高校の違い

は?当たり前じゃん?って思っている方は問題ないです。そのまま真面目に通ってください。

入学当初はほとんどの人が講義に出席しています。しかし、少しずつ人数は減っていき、半分くらいの人数になってしまう講義もあります。

大学は高校のように監視されていません。

休んでも電話はかかってきません。

サボろうと思えば、誰にも咎められることなく簡単にサボれます。

先生は科目のプロフェッショナル

そもそも大学で教えるような先生はその道のすごい方です。

その先生が教えてくださるのですから、自学自習よりも圧倒的にわかりやすく学ぶことができるはずです。

ついでに先生が

「ここ期末テストにだすよー。」と知らせてくれることもあります。対策しやすくなります。

さらに大学の教科書は専門的で、詳細な部分まで記載されています。なので、流れをつかみにくかったり、全体像が分からなくなったりしがちです。

大学内容の自学自習はいばらの道です。

3,過去問を手に入れる

え?こんなことしていいのって?

大学では常識ですよ、みんな知ってる。

大学受験でもさんざん過去問を研究しましたよね。それと同じ。

サークルの先輩からもらう、とかいう話をよく聞きますがコミュ力ない私には無理でした。数少ない友人がゲットした過去問のデータをコピーさせていただきました。

USBメモリで管理している人が多いみたいですが、私はgoogle driveに突っ込みました。スマホで見られるのが便利です。

持つべきものは友達の多い友人。

過去問を手に入れることによって、問題形式、重要な部分を理解しましょう。

必ず1回は解くことを勧めます。何故かって?

大学の期末は全く同じ問題が出ることがあるから。

大学の先生ってそれで金もらっていいのか。

私たちにとってはチャンスです。出たら確実に得点しましょう。

 終わりに

ここまで、大学での「単位」について話してきました。単位取得に不安の大学生の方に役立てば幸いです。

上の3つの方法を実行すれば単位取得間違いなしです!あ、試験対策の勉強はしてくださいね?

単位を落とした時、私はものすごく後悔しました。なんであの時講義を切ったか、なんであのとき勉強しなかったか。自責の念でいっぱいで押しつぶされていくようでした。

どうにか立て直し、2度と単位は落とさないと両親に誓いました。

今は後期の中間試験がだいたい終わった段階です。今のところ落としそうな単位はありませんが、今後も気を抜かず単位を取得していきたいと思います。

それでは、雨野トモネでした。

未分類
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
がくログ