ロードバイクは用途で選べ!初心者のロードバイクの選び方

スポンサーリンク

こんにちは、自転車大好きブロガーのとともねです。

ロードバイクってかっこいい!はじめてみたい!って思っている方に、ロードバイクの選び方をお教えしましょう!

実は様々な種類があるロードバイク(スポーツバイク)ですので、全くの素人では何もわからず購入して後悔しないように。用途ごとに選びましたので、自分にあったものを購入しましょう。

スポンサーリンク

用途別、ロードバイクの選び方。

レースに出たい!

『弱虫ペダル』から入った人は、これに当てはまるのではないでしょうか。弱ペダのような白熱したレースにあこがれている人には、ピュアレーサーというモデルのロードバイクをおすすめします。

ピュアレーサーというのは、名前の通りレースで走ることのみに特化したモデル。ただただ速さのみを追い求めた設計になっていて、これぞロードレーサーといった感じです。

逆に、振動吸収性(乗り心地)が低かったり、キャリア(自転車に荷物を積載するためのもの)がつけられなかったりするので、その点は注意です。

ツーリングしたい!

『ろんぐらいだぁす』から入った人は、これに当てはまるでしょう。そこまでスピードを追い求めず、長い距離を走ることを目的としている。また、自転車でキャンプをしたり、長期間の旅をしたりする人にはピュアレーサーは向きません。グラベルロード、もしくはシクロクロスをおすすめします。

シクロクロスは、凸凹や泥の競技用コースを走るために作られた自転車で、高い耐久性とダート性能を誇ります。ピュアレーサーと比べるとタイヤが太いのでわかりやすいですね。また、荷物の積載量にも優れており、キャンプツーリングに適していると言えます。

グラベルロードはメーカーによって言い方が異なるのでモデルという風に言っていいのか分かりませんが、(アドベンチャーロードとも言ったりする)ロードバイクとシクロクロスの中間をとっている感じです。シクロクロスの競技用の部分を減らし、舗装路の性能を上げた、よりツーリングに適したモデルだと言えます。

上記2つのモデルは走破性を高めるために、ピュアレーサーと比べるとスピードが若干出しにくい用になっています。

ちなみに、ロングライドモデルというのもあるのですが、どっちつかずなのであまりオススメしません。荷物の積載量は劣るし、スピードではピュアレーサーには追いつかない。一応、振動吸収性が優れていて長時間乗っても疲れにくいといいますが‥‥。

オシャレに移動したい!

自転車を趣味にしたいのではなく、オシャレだから自転車を買いたい、移動手段としてしか見ていない、って人にはロードバイクは向いてません。メンテナンスとか、駐輪場所とか気を使うものなんです。

そんなあなたには、ミニベロ(小径車)もしくはフォールディングバイク(折りたたみ自転車)をオススメします。ミニベロオシャレですよね‥‥。僕も欲しい。

街中では信号が多く、ストップ・アンド・ゴーに向いているのは車輪の小さなミニベロです。ちなみに、ロードバイクは速いスピードを維持することが得意です。ただ、車輪の小さな自転車でも十分に長い距離は走れます。

また、ミニベロとフォールディングバイクの違いですが、折り畳めるかどうかです。じゃあフォールディングバイクの方が上位互換では?と思うかもしれませんが、変形機構を搭載しなければいけないため、同価格帯では本体の車重がかなり違います。折りたたむ利便性を選ぶか、走行性を選ぶか、ということですね。

ここまで用途別に話してきましたが、1つだけ重要なことを。

ピュアレーサーであろうと、シクロクロスであろうと、ミニベロであろうと、結局はエンジンの問題である。と。エンジンとはつまり、乗る人の肉体ですね。いくら良い自転車に乗っていても、すぐにへばってしまう人では本来の性能が活かせないと言うことです。速い人は何に乗っていても速いのです。

細かい選び方

用途別にどんなモデルを買うか決めたら、細かい選び方についてお伝えしましょう。

メーカーについて

ロードバイクはメーカーによって値段が全く違います。お金を持っている人は気にせず、好きな自転車を買えばいいと思います。

学生さんなんかには台湾のブランド、GIANTやMERIDAなどがオススメです。コストパフォーマンスに優れており、プロチームにも提供しているメーカーなので性能も折り紙つき。ただ、人とかぶりやすいというのが唯一のマイナスポイントでしょうか。

ちなみに私はGUSTOという台湾の振興メーカーのロードバイクに乗っています。

ルック車について

インターネット通販で、異常に安く売られている(3万円とか)ルック車というものをご存知でしょうか。見た目だけロードバイクのような感じに作られているから、ルック車と呼ばれています。

僕の個人的な意見は、ルック車も用途にあえば良し、です。

ルック車のデメリットとしてよく指摘されるのが、ブレーキ性能が低いので危険、パーツ互換性がない、フレームが重いなどです。

しかし、最大のデメリットは自転車好きと公言できないことではないでしょうか。

自転車好きの人に「趣味が自転車」と言うと大概がこう返されます。「自転車乗ってるんだ?どこの??」聞いてきた方は、スペシャ?トレック?やっぱジャイアント?みたいな感じに考えていますが、ルック車に乗っていると答えられません。だってよくわからないメーカーですから。

少し偏見が混ざっているかもしれませんが、ルック車に乗っていると自転車仲間ができにくいのは確実だと思います。これから趣味として自転車と向き合っていくのならば、ルック車は止めておきましょう。手軽な移動手段としてならばアリです。

コンポーネントについて

コンポーネントというのは、自転車に取り付けられている部品の総称です。ブレーキや変速機、スプロケットなどが含まれます。このコンポーネントはいくつかメーカーが有りますが、日本のメーカーSHIMANO製を選んでおけば間違いないです。

SHIMANOの中でも性能ごとにグレードが分かれていて、下からClaris、Sora、Tiagra、105、Ultegra、Dura-Aceというようになっています。

よくネットで言われているのが、「105以上を買っておくべき」というもの。理由は、105以上のコンポーネントだと11速に対応しているからです。つまり、より上位のグレードに交換する時に簡単にできるということ。

ただ‥‥。予算がないなら105以上にする必要はないです。ClarisやSoraでも十分にロードバイクを楽しめます。先ほども言いましたが、コンポーネントがいくら豪華であろうと結局はエンジンが全てですから。

また、コンポーネントの交換なんてよほどドハマリしないとしません。かなりお金がかかりますし、私もしたことがないし。

ロードバイクVSクロスバイク

ロードバイクとクロスバイクを迷ってます!って人がいると思います。

結論から言うと、趣味として始めたいならロードバイク、移動手段ならクロスバイクです。

ロードバイクとクロスバイクのわかりやすい差は、ハンドルでしょう。ロードバイクは湾曲したドロップハンドルが特徴的です。ドロップハンドルにはメリットがいくつかあって、その中でも大きいのが複数のポジションを取れること。

わかりやすく言えば、持つ場所を変えることができるのです。クロスバイクのハンドルで50kmとか走ればわかるんですけど、手のひらがだんだん痛くなってきます。同じところをずっと持っていると、手がしびれてくるんですよね。私も北海道でロングツーリングしていたときは、最初に手に限界がきました。

クロスバイクの良さは価格くらいです。安いので普段の買い物なんかにも乗っていけます。ロードバイクで買い物なんて全くしませんからね。

どこで買えばいい?

はじめての人には、ワイズロードなどのチェーン店をオススメします。

個人経営のプロショップはなかなか入る敷居が高いので、まずはチェーン店が良いと思います。ワイズロードなどのチェーン店ではセールもやっていたりしますので、お得に自転車を手に入れることができるかもしれません。

最後に言いたいこと

いろいろと選び方を言ってきましたが、最後に選ぶのはあなたです!!あなたの好きな自転車を買いましょう。他の人にどうこう言われてもかまう必要はありません。コンポがどうとか、性能がどうとかは気にしなくていいのです。

あなたが欲しいものを買うべきです。

結局はこれだけです。好きな色やデザイン、雰囲気で決めてしまうのが一番です。これが私の愛車!って言えるものに出会えることを祈っています。

おわり

ロードバイク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
かろめも