自分を変えよう|かっこいいものに触れる。

スポンサーリンク

こんにちは、テストを終えて解放感に満ちあふれているトトモネです。統計学の単位が危うい……。まあ終わってしまったことはしょうがないです。

「かっこいいもの」に触れることで、自分も自然とかっこよくなる、なろうと努力できるようになる。という仮説を考えついたので発表します。

スポンサーリンク

かっこいいものに触れることは意外と少ない。

かっこいいものに触れる機会は、実は少ない。直近でかっこいいと感じたものを思い出してください。意外と思い出せないものでしょう?決まり切った毎日の行動を繰り返していても、かっこいいものにはなかなか出会えない。自分から、かっこいいものに触れる必要があると思う。

ちなみに私が直近でかっこいいと思ったのは、Fate/stay night UBWの士郎の無限の剣製の詠唱です。かっこよすぎでしょあんなの……。

かっこいいものに触れると自分も触発される。

かっこいいものに触れると、「自分もそうなりたい」と思う。このことに気付いたのはFate/stay nightをプレイした時だ。自分も強くなりたい。士郎は毎日努力を続けているから聖杯戦争も勝ち抜けたのだと思った。だから、筋トレをがんばろうと思えたし、家事も手伝おうとも思った。ブログだって頑張ろうと思った。

かっこいいものに触れる機会として、「プロフェッショナル 仕事の流儀」も見ている。自分の職業に誇りを持っているプロフェッショナルの仕事を見て、考えを聞いて自分もがんばろうと思える。

かっこいいものと日常系アニメ

私にはかっこいいものに触れなかった時期がある。いわゆる、日常系アニメにはまっていた時期だ。日常系アニメは心地が良い。キャラクターの可愛さがメインなので、物語を注視しなくてもよい。かわいい癒し空間に身をゆだねればいい。

けど、日常系アニメにどっぷりの頃の私はエネルギーを失っていたように感じる。心地いい空間から出られなくなっていた。アニメを見て、ニコニコ動画でそのMADを見て、SSを読む。日常系アニメは現実まで広まってくるように感じた。

かっこいいものを見れば影響されて頑張ろうと思うのと同じように、日常系アニメを見ると影響されて心地よさを求めてしまう。平穏を求めてしまう。刺激のないものを選んでしまう。そう感じる。

あ、一応。日常系大好きです。けど、あまりにもどっぷり浸かってしまうといわゆる難民になってしまうので注意しましょう。(経験談)

おわりに

「かっこいいものに触れることで、自分もかっこいい人になりたくなる」という話でした。最近まで日常系ばかり見ていたのですが、Fateを見てかっこいい!自分もこうなりたい!!って思いました。その直後から筋トレを始めて、今に至ります。かっこいいものを毎日探していきたいと思います。

ちなみに今日触れたかっこいいものはGLIM SPANKYの「愚か者たち」です。声とギターが圧倒的にかっこいい……。

おしまい

ライフ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
がくログ