自分自身の拭いきれない劣等感を克服したい、成功したい。【分析】

スポンサーリンク

誰しもが劣等感を感じたことがあると思います。何かうまくいかなかったり、他の人と比べてしまったり。他の人と比べるなんて意味ないよって言葉ではわかっていても、比べてしまうのが人間だとも思います。

私は今、かなりの劣等感を抱えています。この劣等感をどうにか克服したいと思って、ここに記事を書いています。方法論を述べていきますが、をある程度個人的な話になってしまうことをここに伝えておきます。

スポンサーリンク

まずはどんなことで劣等感を感じているか分析

1番初めに行うのは、自分がどんなことに対して劣等感を感じているかを箇条書きにして書いていくことです。どんな時に他人と比べてしまうか、自分って駄目だなあと思ってしまうか、思い出しながら書いていきましょう。誰に見せるわけでもないので、ありのままを書いていきましょう。

私の場合はこんな感じです。

お金がないこと

アルバイトを辞めて自由に使えるお金があんまりないです。大学生で実家暮らしなので生きていく分にはバイトしなくても大丈夫だと思っていたのですが……。サークルや欲しいモノなどがあって、やっぱりある程度の収入がないと厳しかったです。

お金がないと欲しいものも我慢しなくてはならないし、友達と遊びに行くのも選んでいかなければなりません。ほかの人が私の欲しいものを買っていたりすると、劣等感を感じます。

いろいろとうまくいっていない

私にはやりたいことがたくさんあります。サイトを軌道に乗せること、筋トレして強くなること、プログラミングをマスターすること、英語を話せるようになること。

でも実際にはうまくいってません。計画を立てるけど計画倒れしてしまっています。どうすればうまくいくのか、試行錯誤をしている真っ最中。ここが正念場って気持ちでがんばろうとしているところ。

自分の強みがない

自分の強みを生かそう!とかフリーランス界隈では言われますよね。それを仕事にできるのがフリーランスの最大のメリットだと言われています。

ですが、私には強みがないのです。私には「これなら私は負けないっ」って言えるものがありません。サッカーも小学校まで、バスケは中途半端にしかやってない、ゲームだって詳しくないし、アニメも語れるほどたくさん見ていない。ロードバイクだって始めたばかり、プログラミングも始めたばかり。

他人に誇れる分野があれば、他人と比べてしまっても「ここなら私勝てるから」と思えるので気楽だと思うのです(あんまりいいことではないけど。

次に、その中で少しでも改善できそうなことを決める

劣等感を感じている中で、少しでも改善できることはないでしょうか?劣等感を感じるのは、自分の成功体験が少ないから。ならば、成功体験を増やすことで劣等感を拭い去るしかありません。

ここでポイントは小さな成功を積み重ねていくこと。大きな成功を1つには成果を得られるまで時間がかかるし、途方もない努力が必要になります。しかし、簡単で小さな精巧ならばすぐに成果を得ることができます。失敗してもすぐに次に行けます。小さくても成功は成功なのです!

小さな成功を積み重ねていけば自己評価が上がり、劣等感を感じることも減っていくはずです。

私の場合は、こんな感じになりました。

サイトを軌道に乗せるための小さな成功

サイトを軌道に乗せることで、お金も得られる一挙両得を目指していこうと思います。ただ、このままでは大きな目標過ぎて、時間がかかってしまいます。なので、小さな成功に変換していこうと思います。

毎日1記事更新!というのはたくさんの人が言っていることで、成功したいなら毎日1記事を無理やりにでも書けってよく書かれています。でもこれ、結構難しい。まだ大きな目標になってしまうと思います。続いている間はいいんですけど、1度途切れると再開する気力がなくなるんですよねこれ。過去に失敗済みです笑

もっと小さな成功にして、私がこれから積み上げる小さな成功は「毎日、サイト更新のネタをメモする」にします!これなら絶対続けられるし、ネタさえあれば記事って勢いで書けたりするものです。

おわりに

劣等感を拭い去るには、1.原因を洗い出す。2.小さな成功を積み重ねる。という方法を用いるとよいです。私もこのメソッドを用いて、小さな成功を積み重ねていこうと思います。

ああ、今日はこの記事書けたから成功した!今日は、成功した素晴らしい日になったなあって感じで過ごせば、劣等感もいつかは気にならなくなると思います。

おわり

ライフ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
かろめも