声フェチが選ぶ|ボーカルの声が最高な邦楽アーティスト3選(女性編)

スポンサーリンク

こんにちは、新米大学生ブロガーのトトモネです。

告白します!私、声フェチです!!音楽を聴くときに1番重視しているのが、ボーカルの声です。声だけで幸せになれます。もちろん演奏やメロディで好きになるアーテイストもたくさんいるのですが。

そんな声フェチの私が厳選した、3組の女性アーティストをこれから紹介していきます!ぜひイヤホンで、音量大きめでお楽しみくださいね!

なお、動画を直で張ると重くなる気がするので、YouTubeのリンクを貼りますね。

スポンサーリンク

ボーカルが最高な邦楽アーティスト(女性)

宇多田ヒカル

間違いない(確信)。

最初に紹介するのは、日本歴代で最高のアルバムセールス記録を持つアーティスト、宇多田ヒカルです。声の美しさはもちろんのこと、作曲センスもすっごいですよね。ポップな曲も静かな曲も歌っていますが、私は静かな曲の方がボーカルの美しさがはっきりするので好きです。

ちなみに、よく宇多田ヒカルが紹介されるときに”1/fゆらぎ”という言葉が用いられることがありますが、これには科学的根拠がないです。あんまり大声で言うのはやめましょう。

音楽との関連
ヒーリング・ミュージックの効能の説明にも使われる言葉であり、規則正しい音とランダムで規則性がない音との中間の音で、人に快適感やヒーリング効果を与えると主張される。科学的根拠や証明はない。
1/fゆらぎが一部の人間の声にも現れると主張されることがある。科学的根拠や証明はない。
代表的な例としてMISIA、美空ひばり、宇多田ヒカル、松任谷由実、徳永英明、Lia、松浦亜弥、吉田美和、大野智などが持つとされる。

(引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/1/f%E3%82%86%E3%82%89%E3%81%8E)

私がおすすめする宇多田ヒカルの曲は、『誰かの願いが叶うころ』『桜流し』です。どちらも静かな曲で、ボーカルの素晴らしさが改めて感じられると思います。

誰かの願いが叶うころ/宇多田ヒカル

桜流し(short version)/宇多田ヒカル

手嶌葵

最近はテレビCMやドラマ主題歌でも声を聴くことができる手嶌葵。ジブリ映画の主題歌で有名でしょうか。やさしいウィスパーボイスで、心が穏やかになりますね……。ホッとする声です……。私、疲れた時には手嶌葵を聴いています。本当に癒し。昔、ラジオに出演したのを聴いていたのですが、普段のしゃべり声もそのままでした。おしゃべりしたい……。

私がおすすめする手嶌葵の曲は、『心のままに』『テルーの唄』です。受験期、勉強に疲れた時はよく聴いていました。ただ、YouTubeに動画が全然ないので、ぜひともCDを買ったり、TSUTAYAで借りたりしていただきたいです。YouTubeのはカバーばっかりなので注意です!

Aimer

Aimerと書いて、エメと読みます。アニメタイアップが多いアーティストなので、アニメ好きな方はよく知っているかも知れません。J-WAVEでよくかかっていた時期あって、そこで私は知ったんですけどね。とても特徴的で美しい儚い声です。

15歳の頃、歌唱による酷使が原因で声帯を痛め、治療のために沈黙療法を選択したことで発声が出来ない期間を約半年間経験するが、そのおかげで歌手になりたいという夢が明確になり、回復後に喉を守るように工夫して歌うなかで現在の声質と歌唱法を確立する。このときの声帯の傷はデビュー後の現在も完全に治癒していないが、完治すると今の声は出せなくなるとの主治医の忠告もあり、声質を維持するために現在の状態を保っている。日本音響研究所所長(当時)の鈴木松美は、この声質を「振幅ゆらぎと周波数ゆらぎが同時に発生している、非常に稀な声の持ち主です」と分析している。

(引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/Aimer)

儚い声には理由があるのです……。どうか無理をせずに頑張っていただきたいです。

私がおすすめするAimerの曲は、『蝶々結び』『花の唄』です。私は『花の唄』が好きすぎて、Fateシリーズを見始めましたからね。主題歌から魅了されて興味を持つなんて初めてです笑

蝶々結び/Aimer

花の唄/Aimer

おわりに

いかがだってでしょうか。声が好きなアーティストはもっともっといるのですが、今回は厳選ということで3人に絞らせていただきました。声だけで幸せな気分になるのってすごいですよね……。いつも癒されてます!!ライブ行ってみたいなあ。

声フェチ的には声優さんとかも入れたかったのですが、まだあまり詳しくないので止めておきました。いつかそれもまとめられたらなと思っています。声優さんはどうしてもキャラクター補正がかかっちゃうんですよね……。

おしまい

ミュージック
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
かろめも